title

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵心のある落書き - 2016.11.03 Thu

落書き
 このブログで落書きを取り上げたのは数回あるけど、これはその中でも絵心のある作品・・・いや落書きではこれが白眉。こんなセンスと技量をもっていながら「落書き」でしか己を表現できないとは、なにか人生をひねているのか、憤懣やるかたない鬱積があるのかなと思ってしまいます。
 これを描いた若者よ、公共物に落書きなぞしてはいかんなどという説教はさておき、真っ当な生き方をしろよ。君の特技を活かす仕事はきっとこどかにあるはず、こんな落書きに労力と経費を費やすその分を正業に就く努力をすればいいのに。(札幌豊平川南七条大橋)
スポンサーサイト

道路工事の外国語注意書き - 2016.10.09 Sun

道路舗装工事の銘ペイント
( 札幌狸小路3丁目 / 28.10.5 )
 昨今の外国観光客の増加は、メディアの報ずるまでもなく街中を歩いていると肌に感じる。それは直接外国人のグループを見かけるのは勿論だけれど、乗り物や案内看板でも外国語の併記で知ることができる。
 と理解していても、先般見かけた道路舗装工事の注意書きに、中国語やハングル文字があるのには驚いた。そうか、巷聞く理不尽なクレームの数々に対応するため、行き交う外国人にまで注意書きを見せておく必要があるのだろう。
 一昔のおおらかな世界が懐かしくてしょうがない。

何がおもしろうて - 2016.08.12 Fri

ポケモン2
( 場所は街路灯の表示か所 / 28.8.11 18時 )
 若者が異常にたむろしているこの一角、どうやら「ポケモンジム」とかいうところで、ゲームの愛好者が闘うために集う所らしいんです。老生、お節介を構わず若者にゲームの方法を尋ねたけど、その説明が全く分からない。まるで異星人と会話しているようなもの。
 「この時間を、このエネルギーを勉強に費やせばいいのに」とついつい思ってしまうのは、ゲームができない者のすね言葉かな。第一、わたしゃスマホを所持していないものね。


ポケモン1
( 札幌市内の歩道で )
 これ、ポケモンのマークに似てません?
 私はこんなの探して楽しんでいますけど。

ズーとピアの描く世界観 - 2016.05.13 Fri

zootpia
( 映画「ズーとピア」 / 予告編動画から )
 ちょいちょいは映画館に足を運んでいるものの、ブログに書くほどのトピックもなかったこともあってこのページから遠ざかっていました。しかも他事にかまけて、ブログの書き込みをおろそかにしていたらfc2さんの広告が出ていましたぁ。

 ということで、昨日観た映画「ズートピア」の感想をば。 

 内容は動物たちが築いた楽園に巻き起こる一大事変を題材にした物語。かわいいウサギがこの楽園で、肉食動物しかなれなかった警官に草食動物として初めて採用され活躍するというもの。狡猾な狐が相棒となり、行方不明の動物を捜索する内に大きな陰謀をあばき、お約束のハッピーエンドとなる展開。描かれる世界は動物の楽園だけど、内容は人間社会に置き換えたもので、楽園とはいえそこには生活上の動物同士(人間同士)の喜怒哀楽が描かれています。悪事・正義・偏見・友情などなど前編にちりばめられて、まことにリアルな世界です。
 アメリカの習慣文化は、映画や雑誌で知る範囲に加えアメリカ人と短期間暮らした経験で浅くは承知しているつもり。そんな彼らの日常生活がふんだんに盛り込まれたストーリーの運びは、まさに現代のアメリカそのもののような気もして飽きることはないんです。
 駐車違反の切符を切られて、違反金を収めに窓口へきたら係員はなんとナマケモノ。そのユーモラスな仕草に思わず笑ってしまいます。しかもスピード違反で捕まえたら、運転手はそのナマケモノというオチまでついたサービスも用意されています。
 横道にそれました。
 映画のキャッチコピーに「
現代社会のリアルも活写して大人を唸らせるディズニーの大傑作」とありましたが、これは過大ではないと思えるほどにないよう豊富なアニメの秀作。
 老生、宮崎駿の変に理屈っぽくてメッセージを消化しきれないアニメに辟易していたので、このような王道を行くディズニーに脱帽ですわ。

 それにしてもこんな深い世界観を描いていますから、子供さんには理解が難しいと思いましたは。でも、かわいい動物たちの動きを見て楽しめばいいのかもしれません。悪は悪、良いことは正しいとストレートに表現していますから勧善懲悪の概念は理解できるでしょうからね。

ゲートに電飾? - 2016.03.28 Mon

扉の光
( 赤煉瓦庁舎前のゲート / 28.3.28 14:15撮影 )
 旧道庁の前を通りかかったらやたらゲートの枠周りが明るく輝いていました。まさかLED電飾じゃないということは、少し移動すると輝きが無くなることから察しはできましたが、はてはて面妖なことよと近づいて見ると、何のことはないゲートのリング状の飾りが折からの太陽に反射しているだけのこと。何も騒ぐことでもありませんでした。

 写真より実際に見た目には、その輝きは強烈で当初は本当に電飾かと訝ったほどでしたよ。とはいうものの、別に取り上げるほどのことでもないのですが、時折にはブログ更新をしておかないとアップ方法を忘れるものですから。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。