title

2013-07

古い物への愛着 - 2013.07.31 Wed

( 一服中の草刈り機 )
 どうした心境の変化なのか、最近とみに古いものに愛着を感じるようになりました。
 たとえばこの草刈り機。このいかにも「仕事をしているぞ」という存在に心を引かれます。少し錆が出たエンジン周りに、これまでこなしてきた仕事の量を感じます。
 これが新品のピカピカ草刈り機だったら、カメラを向けることもなく通り過ぎていたでしょう。

 古物に執心するようになったのを「歳のせい」と言ってしまえば身も蓋もない話しで終わってしまうのですが。
スポンサーサイト



アジサイは雨が似合う - 2013.07.30 Tue

( アジサイ/ 25.7.29 札幌中島公園で )
 アジサイは雨が似合います。
 私の生まれた四国では梅雨時に咲いていた花がアジサイ。そのせいでしょうか、アジサイと雨は同じ景色として私の記憶にすり込まれているようです。
 このところの雨で中島公園のアジサイも生き生きとした表情をしています。やはりアジサイは雨が似合っていると思います。

小雨など気にならない! - 2013.07.29 Mon

( ステージパフォーマンス / 25.7.28 札幌ススキノで )
さっぽろホコテン(歩行者天国)で、若者3人グループが元気な歌を披露していました。
行きずりの人々も呼応して手を振っていました。
辺り一帯が楽しい華やいだ空気に包まれていました。
ときおり落ちてくる雨粒など、気にする人は居ませんでした。

おらほのラジオ体操 - 2013.07.28 Sun

( おらほのラジオ体操 )
 札幌の小中学校は夏休みに入り、各町内会などで朝のラジオ体操が始まっています。今日紹介するビデオは、そんなラジオ体操を東北弁で行っているもので元気な町の人々の笑顔が素適です。

 制作者のコメントは次のとおりです。
 『震災半年後の2011年9日10日、11日に石巻市内で撮影させていただきました。
「おらほのラジオ体操」は石巻発の地域コミュニティ再生プロジェクトです。誰もが慣れ­親しみ、気軽に参加できる日本独自の習慣であるラジオ体操を「お国言葉」でおこなうこ­とで、地域住民の連帯感を高め、人と人とがつながるきっかけの場になればと願っていま­す』

豊平川花火大会 - 2013.07.27 Sat

( 北海道新聞UHB花火大会 / 25.7.26 )
「北海道札幌市の豊平川で行われる花火大会。趣向を凝らした創作花火や、豪快なワイドスターマインなど、約4000発の花火が札幌の夜空を染める」とは当該主催者のホームページからの抜粋。
 少々風が強かったものの、心配された雨は落ちずに無事終了しました。何よりです。

狸小路商店街の夏祭り - 2013.07.26 Fri

( 札幌市狸小路商店街で )
 いま、狸小路は夏祭り一色です。商店街の通りには、狸、たぬき、タヌキの飾りでいっぱい。これを見るだけでタヌキちゃんお腹のようにふくれました。第60回とありますから由緒ある祭りでしょう、そこかしこに伝統を感じさせられる古い置物が並べられていました。
 狸小路商店街の「公式HPはここにあります」

地道な仕事 - 2013.07.25 Thu

( 川の清掃 / 札幌中島公園で )
 公園の脇を流れる鴨々川で、柵に掛かった草などを取り除いている人に出会いました。「今夜から雨だから、いま取っておかないと増水するとあふれるのでね」と、手を休めることもなく一心に作業されていました。
 きれいな公園の環境が保たれている陰には、このように地道な仕事をされている方の存在を今さらながらに思い知りました。

図書館カフェ - 2013.07.24 Wed

( 札幌市中央図書館ロビー )
 図書館にカフェを併設する自治体が増えているようです。これは、コーヒーなどを飲みながら借りたばかりの本を広げるという読書スタイルが好評のためだとか。
 この「図書館カフェ」が、今年2月から札幌市中央図書館ロビーにもオープンしています。これは札幌市が障がい者協働事業の一環として企画したもので、障がいのある方の元気な接客のようすがロビー全体を楽しい雰囲気にしています。
 私もときおりは、カフェのコーヒー・ケーキのセットで350円でくつろぎます。ケーキはきれいに切って出され、コーヒーの香りもグッド。夏場はちょっとした避暑地?としてもいいですよ。(^_^)

 店の名称は「元気カフェ」。キャッチコピーにこんな言葉が綴られています。
 ・障がいのある人たちが元気に働いています。
 ・珈琲の香りに包まれてゆったりと本を開くもよし。
 ・スタッフの人たちと肩を張らないおしゃべりを愉しむのもよし。
 ・帰るころには元気をもらっているかも。

辞書を引く - 2013.07.23 Tue

( 銘板「静以修身」 )
 昨日のブログでは、締めくくりに「油断大敵、火がぼうぼう」と書いていました。しばらく経って、まてよ「ぼうぼうって、方言かもしれないぞ」と辞書を引くと、何と「油断大敵、火が亡々と書き、行灯の明かりが消えないよう油を絶やさないようにすること」とありました。思い違いもはなはだしい!と急いで書き直しました。

 *ということで、日本語のくくりで別稿を少々。

 私の住む近くの清修高校に写真のような鐘があります。銘板にある「静以修身」は、諸葛孔明の「静以修身倹以養徳」という教えにならい建立したものと高校の案内にありました。「静を以て身を修め」う〜んいい言葉だなぁ。
 私は、無学の恥をさらさないために、たいていは辞書を引くことにしています。結構いい勉強になるのですが、書く端から忘れていく現実が悲しいですわ。

昼火事 - 2013.07.22 Mon

( 札幌市街地で / 25.7.21 10:40 )
 昨日、消防車のサイレンで外を見たら市街地から黙々と黒煙が立ち上がっていました。20分ぐらいで煙の勢いは治まりましたからなにより。
 火元関係者の悄然と近所の迷惑は想像してあまりあります。出火の原因など知らないものの「油断大敵」をひしと感じた次第です。

ネコのおもしろCM - 2013.07.21 Sun

( イギリスのおもしろいCM )
 YouTubeでネコの動画を検索していたらおもしろいCMを見つけました。英国のミルク会社のCMだそうです。
 日本ではネコは可愛いペットという位置づけですから、このような刺激が強いものは作ってもお蔵になるでしょうねぇ。

選挙投票の出口調査 - 2013.07.20 Sat

( 期日前投票場出入り口 / 札幌市中央区 )
 参議院選挙の期日前投票を済ませて建物を出るとき、やはり居ました出口調査の人。
 少し興味を引かれたので、調査に応じながら私の方から調査員に色々と尋ねるもののなかなかガードが固たく何も話してくれません・・・まぁ当然でしょうが。それでも「半数くらい方が調査に応じて下さいます」とのこと。印象としてそんなに多くないよなぁと訝りながらもそれ以上は聞けず、投票所を後にしました。
 調査員は、当方をやっかいな人物とみなして適当な数字をあげて体よくおっぱらったのかな。

「いじめ」を考える・・・。 - 2013.07.19 Fri

(「いじめ」を止めませんか)
 このムービーの作者のコメントは、「いじめは恐ろしいものです!」という言葉で始まり、次のように結ばれています。
 「このビデオでは、私(長い黒い髪)は、常に現場にいたのに何も言わなかった少女を代表しました。私たちは、いじめ防止を伝えたい。あなたの支援で、それは可能です!」。

 女子校生(だと思う)がいじめに対して、真剣に考え悩みそしてそれを訴えたかったことが伝わってくるいい作品だと思います。

木立にこだまする元気な音 - 2013.07.18 Thu

( 中島公園庭球場 / 25.7.15 06:30撮影 )
 ここは、札幌市中島公園庭球場。資料によると、ここは昭和29年の第9回国民体育大会の庭球会場とし使用するため、北海道初のアンツーカーコートとして開設したものだそうです。

 ボールをたたくパーンパーンという音が心地よく体に響いてきます。スポーツの類いは何もしていない私の背中が伸びてきます。俗にいう「元気をもらう」ってことでしょうか。

花を愛でる椅子 - 2013.07.17 Wed

( 札幌市中央区で / 25.7.16 )
 路地裏を散歩していたら、花の咲き誇るお家庭の庭先に「どうぞごゆっくり」とでもいうかのように置かれた椅子がありました。手作りらしいその椅子は緑色のペンキが塗られ、お庭の雰囲気によく溶け込んでいます。
 私は椅子に腰掛けて一句ひねるというような風流者ではありませんが、何となくそうしたい気分にさせられました。

胸のときめくフリマ - 2013.07.16 Tue

( フリーマーケット / 札幌市中島公園 25.7.14 )
 ときおりに開かれるフリーマーケットに足を運びます。
 市場をのぞくと古いラジカセや録音機など私の物欲をかきたてるものがあります。しかし断捨離を信奉中のわが胸中では、物欲との葛藤が少しの間続き、結局は求めることはなく見るだけに止まるのが常。結論は分かっていても、その胸をときめかすひとときが楽しいのです。

豊平川イカダ下り - 2013.07.15 Mon

( サッポロ豊平川イカダ下り / 25.7.14 )
 第39回サッポロ豊平川イカダ下りのもようです。
 この催しのテーマは「札幌市の母なる川、豊平川を手作りイカダで下り、市民の交流および親子の交流と親睦を図ること」とあります。これは、かつて汚れていた豊平川を市民の努力できれいな川に蘇らせたのを機に、自然と人との共存を考えようと始めたイベントとのことです。

 ただ、参加チームは25年前の250をピークに減り続け、今年は30チーム133名の参加だとか。この低調が「川をきれいに保とう」という意資の低下に繋がらなければいいのですが。

暑中お見舞い申し上げます。 - 2013.07.14 Sun

( 外壁修繕中の建物 / 札幌市豊平区で )
 大きなマンション全体を足場とネットで囲んで、修繕中のようすです。外壁を補修中のようで、グライダーで堅いものを削るような大きな音が周辺に響いていました。
 
 暑さの最中、住戸の人たちは窓を閉め切りひたすらの我慢、そして工事に携わっている人たちも気を遣いながらの作業だと思います。
 暑中お見舞い申し上げます。

爽やかな若者 - 2013.07.12 Fri

( 札幌市豊平川河川敷で )
 札幌の豊平川河川敷にあるサイクリングロードでは、自転車を楽しむ人をよく見かけます。先日ここを散歩していたら、突然後ろから「通ります!」という声とともに横を自転車で駆け抜けていく若者がいました。そして彼は通りぎわに「ありがとう!」という声を残してくれました。
 初夏の青空と同様、実に爽やかな気分になりました。

疲れを知らない若者たち - 2013.07.11 Thu

( 札幌市豊平区豊見公園で / 25.7.20夕刻 )
 学校帰りに公園に寄ったのでしょうか、寸暇を惜しむようにサッカーボールを蹴り合っている中学生(2年生とのこと)がいました。学校の練習で納得のいかなかったことを練習しているのか、あるいは学校ではやれなかった、一流選手のテクニックを真似ているのでしょうか。
 
 こんなに思い切り体を動かせる時代が懐かしくて仕方ありません。
 どんなに疲れても一晩寝れば元に戻っている体力が懐かしくてなりません。

今時の人力車 - 2013.07.10 Wed

( ベロタクシー/ 札幌中島公園入り口で )
 ドイツ製人力車とでもいうのでしょうか、ベロタクシーという乗り物が中島公園入り口に止まっていました。ドラバー(TSさん)の話しでは、「札幌には5台あって、観光客の皆さんにご利用いただいています。大倉山とか円山公園など急坂の場所以外はどこでも行っていますよ」とのこと。
 小樽と函館では1年の営業で中止になったそうです。何分にも動力は人力ですから、坂道の多いところでの発展は難しいのでしょうか。

 資料によると、バスや地下鉄を補完する市街地の交通機関や観光地の乗り物として、世界各地で徐々に普及しているとのこと。これなら排ガスを出さないし、懐古的な趣もあって一定の需要はあるのでしょうね。

げんきで育てよ! - 2013.07.09 Tue

( 札幌中島公園 / 25.7.8 17:10撮影 )
 昨日の昼前、地下鉄中島公園駅前でスーツ姿の男女4人と警備員さんが、両手を広げて鴨の一家を菖蒲池の方向へ誘導しているところに出会いました。雛の動きが素早くてあらぬ方向へ突っ走るので、思わず私も誘導に参加。
 100m先の菖蒲池に到着すると、雛は一気に池にポチャン。練習することもなくスイスイと母親の後ろについて泳ぐのにはびっくり。
 池に到着してから伺うと、誘導したのは近くのパークホテルの従業員の方で、雛はホテルの茂みで育ったらしいとのことでした。

 気になって夕方公園に行ったら写真の親子に出会いました。今朝、引っ越した雛は7羽でしたから、同じ親子かもしれません。無事に育って欲しいと願っています。

元気がでるCM - 2013.07.08 Mon

( J R九州「全線開業」のCM / YouTube )
 私は、日ハムが負けたり腰痛がぶり返したりと、気持ちが滅入るときは快復剤としてこのビデオをみることにしています。
 このCM、カンヌ国際広告祭の各種部門で金賞、銀賞を受賞したというのもうなずける見事な出来映え。曲がまたご機嫌。シンガーソングライター日系スエーデン人のマイヤ・ヒロサワの作だそうで、「ぶーんぶーんぶーんぶぶぶーん♪」を繰り返す曲名は「Boom!」。

    ひとつになってくれてありがとう。
    笑顔になってくれてありがとう。
    ブログを見てくれてありがとう。(←サブリミナル効果をねらう\(^o^)/)

地区の防災防犯等行事に参加 - 2013.07.07 Sun

( AEDの使用の体験コーナー )
 昨日行われた地区の連合町内会主催の「交通安全・防犯・防火・清掃の集い」に参加しました。行事の内容は、協賛している地区の区役所、警察、消防及び清掃の各機関が設けた種々の防災防犯などの展示コーナーに参加するというもの。最後には、参加者全員が国道沿いに並んで交通安全運転の旗を持ち、安全運転の啓発運動を行いました。

 こうした集まりでの体験はいざというときに役立つはずですし、そして近隣の人たちお互いの意識の共有が何よりも大きな地域の財産となって蓄積されるに違いありません。
 地道であってもこうした催しの大切さは、参加して初めて知ることだとつくづく思いました。

手放せないATOK - 2013.07.06 Sat

( 写真:札幌ミュンヘン大橋 )
 このスナップ写真を見ているうち、バスに書かれた「たろう」という文字に目が向きました。
 「たろう」→「太郎」→「一太郎」と連想。
 私が最初に買ったソフトが「太郎」で27年も前のこと。当時のこととて、インストールはフロッピーディスク4,5枚を時間をかけて入れたっけ。そして、まぁ何と便利なものよと簡単になった文書作りに感激したものです。
 現在はATOKだけになったものの、私の更新を続けている唯一のソフトでもあり、愛着は一入です。
 そして、このソフトが徳島県という中央から離れた地で生まれて、日本中で使われるようになった成功物語も四国生まれの私にとってはひいきの理由です。
 
 偶然みつけたバスの文字からATOKまで話題を振ったのは、このソフトのお陰でブログを書く際に誤字脱字が飛び交う事態が少しは減っていることへの感謝と、今日のブログ話題に事欠いたからです。そんなこんなで、本日は「たろう」から「一太郎・ATOK」への無理矢理変換と相成りました。おわり。

通用トンネルのペイント - 2013.07.05 Fri

( 壁に大きく描かれたイラスト )
 この絵は、札幌市南19条大橋の中の島側の下をくぐる通用トンネルの壁にありました。もう一方の壁にはスキューバダイビングの様子が描かれています。どちらの絵も幅30m壁を越すトンネルの壁に大きく描かれており、なかなかの迫力があります。
 大空と海のスポーツを描いた意図は知るよしもありませんし、それが別にどうってこともないのですが、ちょっと印象に残る絵ではありました。

「笑顔で対応します」CM - 2013.07.04 Thu

( 写真は「ゆんフリー写真素材集」から借用 )
 いつも聴いているラジオのCMに気になる文言があります。 それは、「スタッフは笑顔で対応します」というもの。
 「笑顔で対応」は接客業の基本でしょうから、ことさら声高に言うということは、今まで笑顔で対応してなくて不評を買っていたのかしら?と勘ぐったりもします。
 まぁ、こんな些末なことに目くじらを立てることもないのですが、毎日同じ時間に繰り返し聞かされると気になってしょうがありません。どんな接客なのか一度行ってみようかと思ったします。
 あっ、これって私のようなへそ曲がりもお店に呼び込む高等なCMかもしれません。参ったなぁ。
 

衛星テレビ放送アンテナのある風景 - 2013.07.03 Wed

( 札幌市内で )
 衛星放送受信用アンテナの位置が何となく統一がとれているのに感心しました。
 アンテナの取り付けは、各戸てんでんばらばらに行っていても、取り付けやすい所に設置するのは当たり前だし、アンテナの向きも一緒ですから同じになるのは至極当然のことではあります。写真の中央住戸の方がアンテナを設置すれば、たぶん上下階とも同じ位置に並ぶと思います。

 こんなくだらんことに目を向ける暇があったら、他に何かすることがあるだろうに、、、と自問じたものの、自答はいつもと同様「暇人だから」が整然と並びます。(^_^)

下水道蓋のなぞ - 2013.07.02 Tue

( 札幌市の下水道蓋 )
 右京独白:細かいことが気になるのが僕の悪い癖で、この下水蓋の「札」の文字も見るたびに「木にヒ」とは何だろうと頭の隅に引っかかっていました。それが「ネットを探ってみましょうか」という米沢さんの一言で一挙に解決。僕としたことが、ネットで調べるという簡単なことを見逃していました。迂闊でした。

 杉下右京:「そういうわけで、答えはここにありますよ」。
 伊丹刑事:「木にヒの由来なんか、とっくの昔から知ッテマシタ!杉下警部殿」。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR