title

2013-08

猛暑も終わり - 2013.08.31 Sat

( 札幌大通公園で )
 子供たちの仕草に、餌をくれると思った鳩が寄っていました。「なんだエサでないのか」ときょとんとする鳩、「紛らわしいことするな」と憤慨して戻る鳩。鳩それぞれです。(^_^)

 記録的な猛暑だったこの夏にも終わりを告げて、あしたから9月。半袖から長袖に替わります。
スポンサーサイト



たくましい草花 - 2013.08.30 Fri

( 根性草花 / 札幌市内で )
 ひところアスファルトを破ってたくましく成長している「根性大根」がネットで話題となりましたが、そんな草花を見かけました。とはいえ、どこでも見かける珍しいものではありませんが。
 ただ、通行人が踏みつけてないのがうれしいのです。

 左上に白く写っているのが増築された塀。たぶんこの工事で傷んだ所にアスファルトを敷く修繕工事後、埋められていた草の種子が芽を出したものでしょう。施工主さんは、「折角芽を出したんだ、今年は花を咲かせてやろう」と鷹揚に構えているのかもしれません。
 これはコスモスとヒマワリでしょうか??成長して花を咲かせてくれるといいのですが。

安く酔えるお店!? - 2013.08.29 Thu

( 傾いている家 / 札幌市中央区で )
 何となく傾いて見えるお家がありました。ご近所の方に聞くと「えぇ、傾いていますよ。それがこの店の売りですから」とのこと。ここは「たこ焼き」を営んでいる小料理屋さんで、1階は椅子席で2階が小上がりになっているとのこと。
 「大丈夫ですよ、2階の床は補修してちゃんと水平になっているから」に続いて「でも、壁は傾いたままだから座っているだけで酔っ払いますよ。飲み代が安く上がっていいと評判ですよ」とほんとうとも冗談ともつかぬ話しをしてくれました。

ここをクリックするとストリートビューで見られます。

素っ気ない読後感 - 2013.08.28 Wed

( 絵本「私はネコが嫌いだ」)
 「私はネコが嫌いだ」という絵本を図書館から借りて読みました。きっかけは知人がいい絵本だと褒めているのと、読者の高評があったためです。
 
 さて私の読後感ですが、「そうですか」と至極そっけないもの。そんなことはないはず、たぶん私が絵本を開いた時の精神状態がよくなかったのだろうと、翌日気持を切り替えてページを開いたものの何の感情の変化もありませんでした。
 これは私が新聞や雑誌などでこの類いの話を手当たり次第読むものですから、様々なシーンが脳裏に蓄積されており、この絵本のような話しなど既視感として存在するため新たな感情の高まりが薄くなっていたのかもしれません。
 ともかく、せっかく感動を知人と共有したかったのですが、すれ違いに終わってしまいました。
 ともかく、「人それぞれ、私がよそ様と同じでなくてもいいや」と自認しておわり。
 
  本書は、新風舎絵本大賞金賞を受賞している優良本であることを付言しておきます。

「少年とイルカ」 - 2013.08.27 Tue

( DVDジャケットから )
 北海道文学館(中島公園)の「映像作品鑑賞の集い」で「少年とイルカ」を観てきました。 
 これは、尾ヒレを失ったイルカと少年の交流を描いたもので、実話をもとにした心温まる物語でした。どうも、力の入ったくどくどしい映画が多い中、たまには善人ばかり出るハッピーエンドの映画を観て爽やかさにひたるのもいいものです。
 こんな良作が日本では未公開とは、ほんとうに残念。私はETと同様、安心して観られるファミリー映画だと思います。

 映画予告編がここにあります。
 主役を演じたイルカ「ウインター」くんの実際のようすがここにあります。

11,515人の健脚 - 2013.08.26 Mon

( 札幌幌中島公園から幌平橋へ向かうランナー )
 25日、2013北海道マラソンが、札幌市大通西4条をスタートとし、大通公園をゴールとする日本陸連公認コースで行われました。
 参加者は、過去最高の11,515人(主催者発表)。写真は、帯状に連なって走るランナーの一部ですが、1万人という人数を目の当たりにするとその数の多いこと多いこと、たまげました。

男はタフでなくっちゃ - 2013.08.25 Sun

( 本降りになって出て行く雨宿り / 札幌市すすきの交差点 / 25/8/24 15:30 )
 先日書いた「上空に寒気が流れ込み大気の状態が不安定」という天気が続いています。 
 この日も突然強い雨が降り出しました。
 しばらく雨宿りしていた外国人の男性二人が悠然と雨の中を歩き始めました。まるで「足早に歩くなんぞは男のこけんにかかわる」とでもいうかのように。

一蔓のあさがお - 2013.08.24 Sat

( 札幌の住宅街で )
 私の生家は四国山脈の麓にある小さな田舎町で、この時期には朝顔が軒先いっぱいに伸び結構な日よけをつくっていました。日よけ代わりに植えるのですから朝顔の蔓も結構な数で、一輪一輪の花を愛でるという感覚は少なかったように思います。
 このように、鉢に植えた一蔓の朝顔も別の風情があっていいものですね。

札幌観光幌馬車の休日 - 2013.08.23 Fri

(札幌観光幌馬車)
 いつものように街の路地を散歩していたら、よく見かける観光幌馬車が停まっているのを目にしました。どうしてこんなところに?と詮索の心が頭をもたげてネット調べると、この日(水曜日)は定休日でした。
 まてよお馬さんはどこで休んでいるのかなとぁ、周辺にそれらしきものはなかったよなぁ・・・と募る好奇心を抑えきれず、翌日に大通公園の馬車乗り場まで出かけて聞いてきました。
 カーボーイハットのよく似合う御者のWさんは、「厩舎は北広島にあって、毎日トラックで札幌まで通っていますよ」とのこと。そうですよね、厩舎を街中に構えるわけにはいきませんもの。
 
 話しを伺っているうちに、名古屋から来たというカップルなどのお客さんの乗車があり、馬車は出発。今年は創業36周年にあたる由、札幌の観光名物の一つとして幌馬車の末永い運行を祈念しています。

鴨たちの昼休み - 2013.08.22 Thu

( 鴨たちの昼休み / 札幌月寒公園 )
 「あらっ、君たち昼休みなの?」と尋ねてみたくなるような光景に出くわしました。ここは札幌月寒公園のボート池。周りを巡ってみると岸辺のそこかしこに鴨たちがたむろし、池にいるのはほんの数羽。まるで大きな会社の昼休みといった風情です。
 しばらくボート乗り場のベンチで休んでいたら、ぼちぼちと鴨たちが池に姿を現してきました。午後4時、午睡の時間が終わったのかな。

晴れまたは曇りところにより雨 - 2013.08.21 Wed

( 札幌市街地遠望 / 25.8.20 19:00 )
 ここ3日間の札幌の天気は、晴れ・曇り・雨を短い周期で繰り返しています。天気概況は、「上空には大陸からの寒気が流れ込み、大気が不安定になっています」と伝えています。
 その「大気の状態が不安定」を現すような空模様が広がっていましたので早速パチリ。これは、雷さんがゴロゴロ鳴り強いにわか雨が去った直後の写真です。(写真左の稜線の先が藻岩山です)

街路樹の剪定 - 2013.08.20 Tue

( 中央区鴨々川沿いで / 25.8.19小雨 )
 札幌市すすきの近くの鴨々川沿いにある街路樹を剪定しているようすです。クレーンに乗った人が切り落とす枝を、下で構える人が長い棒の先に付けた熊手で川面から取り上げていました。2人の呼吸はぴたり、手慣れたようすでてきぱきと作業を進めていました。
 通りかかった人たちは珍しそうにながめ、川の鯉たちも遠巻きに見守っていました。

活字が傾いて見えるなぞ - 2013.08.19 Mon

生二年小学生二年小学生二年小学生二年小学
生二年小学生二年小学生二年小学生二年小学

学小年二生学小年二生学小年二生学小年二生
学小年二生学小年二生学小年二生学小年二生



 ポップル錯視(文字列傾斜錯視)という面白い記事があったので紹介します。これは、上記のようなある種の活字体で書いた文字列を繰り返し並べると、右下がり・右上がりに見える現象を指すそうです。
 「この文字列が傾いて見える仕組みは何か?」という解説記事が次にあります。私には全くちんぷんかんぷんですが。
 興味のある方は「新井仁之の錯視科学館」へどうぞ。

入り口を閉ざして花飾り - 2013.08.18 Sun

( 札幌市内で )
 手入れの行き届いたお花に出会うと、無粋な私でも気持が和みます。
 花鉢の奥にある市松模様の所は2階への階段になっていますが、それを閉ざして花を飾っています。どうしてかなぁと、いつもの好奇心がもたげてきますが、これまた余計なお節介というものですね。花を愛でているのに、興をそぐようなことを書いてスミマセン。

クソ暑い! - 2013.08.17 Sat

( 札幌市中島公園で )
 8月も半ばを過ぎ、札幌ではもう30度越えの日はないでしょうが、それでも連日の暑さが続いており、特にここ数日の蒸し暑さにはうんざり。

 もう30年以上も前の話ですが、当時私は職場での昼休みにはよくHBCラジオを聴いていました。その日も、今のように真夏の暑い日が続いており、日射病(当時は熱中症ということばはなかったと思う)などがニュースの中心でした。ひとしきりの放送のあと、突然K女子アナが「私がこんな言葉遣いをするとまた母から叱られますが、一回だけ言わせて。クソ暑い〜!」。歯切れのいい彼女のアナウンスがいまでも耳に心地よく残っています。

個性を主張する? - 2013.08.16 Fri

( 札幌市中央区で )
 たぶん建て売り住宅でしょう、8軒ばかり同じデザインで建っていました。これはその住宅群を敷地の裏側から撮ったものですが、1軒だけ窓のあるお家があります。どのような事情でこうなったのかは知る由もないし、詮索する必要もないのですが好奇心にかられてカメラを向けました。それだけのことです、おわり。

木陰をつくる公園の大木 - 2013.08.15 Thu

( 山鼻公園の大木 )
 札幌市中央区の山鼻公園にあるプラタナスの大木です。手を回して測ると4m強もあり、枝は横に大きく張り出しています。木の下には木製デッキや遊水路が整備されています。
 この時期、いっぱいに広げた枝の下は清涼感たっぷりの空間。ひとときの涼を求めるには絶好の場所となっているようです。(撮影時刻は18時、人影はまばらでした)

町内会の盆踊り - 2013.08.14 Wed

( 盆踊り / 札幌中央区行啓通りで )
 札幌中央区の行啓通りに面した12町内会などでつくる「行啓通ふれあい保存会」が主催する盆踊り大会のもようをパチリ。この写真は、3日間初日のそれも始まったばかりの子供盆踊りのようすです。
 子供たちはやぐらの周りで、見よう見まねで踊り始め、大人はそれぞれに座るところを用意してビールをぐい!
 売店の並ぶテントでは、商店街の方たちでしょうか,手慣れたようすでソーセージを焼いています。
 となりのテントでは、警備に当たっている町内会の人たちが交代で休憩していました。
 まさに手作りのお祭り、皆さんの和気あいあいの雰囲気いっぱいの地域のお祭りです。

「ワン」と鳴くカエル - 2013.08.13 Tue

( イヌガエル(仮称) / YpuTubeから )
 三重県鳥羽市の鳥羽水族館で、「ワン」とイヌのように鳴く珍しいカエルの展示が始まったというので、公開されたばかりの動画を紹介します。
 この蛙は、台湾からベトナム中部に生息し、鳴嚢(鳴き袋)を膨らませて鳴く声が、犬のように聞こえる珍しいカエルです。
 鳥羽水族館のHPはここにあります。

街中のフラダンス - 2013.08.12 Mon

(フラダンス / 札幌すすきの:25/8/11 )
 お盆の休みも始まるこの時期、たぶん何かの催しもあるかとススキノに出かけたら、聞こえてきました♪カイマナヒラ。子どものダンスが可愛くて素適、沿道の観客からも明るい声援が飛んでいました。

餌取りに夢中の鴨 - 2013.08.11 Sun

( 鴨の餌取り / 札幌中島公園 )
 ちょくちょく見かける鴨が餌をあさっている様子です。タニシをとっているのでしょうか、あるいは川藻をとっているのでしょうか、結構長い時間(10秒くらいかな)このままの姿勢でした。
 これを何度も繰り返すものですから、彼の熱心さにほだされてカメラを取り出しパチリ。水の色と鴨の姿が相まってちょっと面白い画ができました。

歓楽街「すすきの」 - 2013.08.10 Sat

( 薄暮の札幌すすきの交差点 )
 通りがかりに「薄野交番」の看板を見て、あれ薄野が正式名称かなと調べてみたら、どうやらこの歓楽街一帯を「すすきの・ススキノ・薄野」と適宜表記しているだけで、公式な地名ではないとのこと。

 それはともかく、薄暮になるとこの界隈に人が集まり始め、歓楽街の精気を放ってきます。「いやぁ歓楽街だったのはバブル時代までで、いまは飲み屋街だよ。人は集まっても金を使わない人ばかり」とは知り合いのタクシー運転手さんのぼやきでした。

緑の中の階段 - 2013.08.09 Fri

( 緑の中の階段 / 札幌市豊平区 )
 札幌平豊平区岸1条14丁目から精進河畔公園への斜面を縫って降りる木の階段です。この時期、緑の空間にひたりながら歩ける幸せ。かなり長い階段にも関わらず行き交う人はいませんでした。この清涼感たっぷりの場所を独り占めする贅沢を味わってきました。

大きな恐竜の置物 - 2013.08.08 Thu

( 怪獣展示 / 大丸札幌支店で )
 大丸札幌店1階にで〜んと恐竜が置かれており、「撮影許可」という張り紙に思わずパチリ。このデパートでは子ども向けの夏休み向け催事として怪獣展を行っており、これはその客寄せ用でしょう。実物大かどうかは知らないものの結構な迫力でした。

 同催事の案内資料では、この大きな置物は風船にエアーブラシで塗装したものとのこと。
 風船だから空気を抜けば小さくなり軽量でもあることから、従来のFRP(繊維強化プラ)製より取扱が簡単で経費節減に繋がると、この風船方式がシェアを伸ばしているもよう。もっとも、緻密な造形はFRPが勝るとのこと。以上、ミニ情報をひとくさり。

風立ちぬ - 2013.08.07 Wed

( 風立ちぬ / パンフレットから切り取り )
 これほど毀誉褒貶のある映画も珍しいと思います。比率からすれば、もちろん宮崎駿の最高傑作から始まる一連の褒め言葉が圧倒的に多く、私のようにがっかり組は少数派です。 

 確かに映像は素晴らしく、今までのスタジオジブリ作品の中でも出色で、群衆の動きを俯瞰した場面の緻密さなどは実写かと錯覚するほど。ただアニメの得意分野であるファンタジーと現実を描写する人物伝の融合に、どうも違和感を覚えました。リアルに伝えたかったとはいえ、喫煙場面が多すぎてアニメというきれいな場面の約束事を逸脱していると残念に思えるのです。

 というような次第で、私の感想は「何だかなぁ」の一言。

プラタナスの並木 - 2013.08.07 Wed

プラタナスの並木
(プラタナスの並木 / 札幌市中央消防署山鼻出張所横 )
 街中の日陰を縫って歩いていたら、スズカケノキの見事な並木に出会いました。
 このとき、自然と鈴懸の径という名曲が浮かびました。鈴木章治とリズム・エースのテンポのよい演奏は、私の20歳の頃にはラジオでいつも流れており、完全に体に刷り込まれています。
 こんな素適な曲とは裏腹に、私の歩くテンポはボソボソ、、、現実の歳を実感しました。

自転車置き場 - 2013.08.06 Tue

( 2段式自転車置き場 )
 余計な詮索ですが、ここの自転車置き場のラックの下段は固定式のようです。これだと、上段のラックを傾斜させて自転車を載せる(下ろす)には、下方の自転車に荷台がある場合はその自転車を取り出さなければならず、かなりの手間暇がかかりそうです。
 というのも、私の住む集合住宅の自転車置き場もこの方式に似たり寄ったり。いつも自転車の出し入れには難渋しており、同情しきりです。

錦鯉のいる景色 - 2013.08.05 Mon

( 札幌鴨々川の錦鯉 )
 ススキノ近辺の鴨々川に放流されている錦鯉は、「鴨々川鯉愛護協力会」がエサやりや清掃などを行って管理しているそうで、その数900匹の由。

 この川、冬場はバッチリ凍結します。その間、鯉たちは深く掘った川底で餌も取らずに静かに春を待っているのだそうです。この時期、私たちの目を楽しませてくれる鯉たちも、けっこう厳しい生活を強いられているようです

踊らな損!損! - 2013.08.04 Sun

( 阿波踊り / 25.8.3 )
 「踊らな損!損!~」でおなじみ阿波踊りがススキノ夏祭りで披露されていました。本場徳島から訪れたデモかなと思いきや、れっきとした札幌のチーム。北海道阿波踊り連絡協議会という組織もあり、毎年大会を開いて競っているそうです。

 リズミカルな囃子に乗ってステップを踏む踊りは、見る阿呆(^_^)も気持が浮き立ちます。カメラを回していた外国の男性が「ワタシモ踊リタイナァ」というように体を揺らしていました。

ネコや - 2013.08.03 Sat

( 行方不明の猫を探しています )
 公園の木に猫探しの張り紙がありました。
 これを見て、以前読んだ内田百閒の「ノラや」を思い出しました。この著書は、失踪した愛猫を巡って悲嘆に暮れる作者が、知人、隣人、はては巡査まで動かして猫探しに奔走するさまを綴ったエッセイです。終日猫を追って食事ものどを通らない落胆の日々を送る著者の様子がひしひしと伝わってくる内容でした。
 その本の印象が強かっただけに、この張り紙主さんの苦悶と焦燥は想像するに余りあります。

 「公共場所に個人の掲示物を貼付するのはダメじゃないの?」などと野暮は言わないこと。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR