title

2014-02

雪の重ね餅 - 2014.02.28 Fri

重ね餅
( 重ね餅? / 札幌中島公園内で )
 中島公園内の彫刻「相響」に積もった雪が重ね餅のようにも見えます。(そう言えばそうだな、と感じてください、、、ネ)

 そんなことはどうでもいいですが、今日で2月も終わり。1月行く、2月逃げる、3月去る という言葉遊びが妙に真実性をもって私に迫ります。というのも、珍しく雑事に追われる日々。何だかんだと気に病むものの、昼寝している間に日時があっという間に過ぎて行きます。嗚呼。

スポンサーサイト



若者にはもう春の日差し - 2014.02.27 Thu

春の日差し
( JR札幌駅前「太陽の塔」で / 26.2.26 15:00 )
 注ぐ陽を心地よさそうに浴びている若者たちです。外気温3℃でも快晴無風となれば、寒さに慣れた体には「春だぞぅ」と感じられるのでしょうか。
 私も真似して座ってみましたが、お尻が冷たく早々に退散。オジンの体には「春はまだまだ」でしたわ。

階段に残る雪 - 2014.02.26 Wed

階段の雪
( 階段に残る雪 / 札幌市中央区で )
 建物の階段にぽんぽんと積もった雪の風景。どこでも見掛ける何の変哲もない景色ではあるものの、私は色々と想像を巡らせて「愉快だなぁ」と思った次第。

 たぶんこの階段は使ってないんだ、使っていても雪を落とすのが面倒なんだ、あるいは落とすと下の通路にかかるから。はたまた単に面倒なのか、そうではなく折角できた自然の造形を楽しむのこころだぁと宣っているのか。
 確実なのは、ここをお子さんは通っていないということ。でなければ雪がこんな自然のまま残っているはずがないもの。
 いずれにしても要らぬ詮索。私って暇人だなぁ。

冬のポプラ並木 - 2014.02.25 Tue

巨大なポプラの幹
( 冬のポプラ / 札幌地下鉄幌平橋付近で )
 夕日に照らされた巨大なポプラの幹です。
 葉を落としてしまったポプラには札幌のイメージに繋がる優雅な風情はないものの、こうして一部を切り取ると厳冬を生き抜いてきた逞しい姿が重なって、その凜とした存在感には圧倒的されます。

雪下からの灯り - 2014.02.24 Mon

雪の下のあかり
( 雪下からの灯り / 札幌中島公園で )
 公園の園路を照らす照明が雪に埋もれ、その灯りが雪を通してほのかに見えています。幻想、幽霊、夢幻、ファンタジーなどという言葉が浮かんできます。そのどれもが当てはまるような、何もそんな大げさなことでもないのに、などとも思ってぴったしの言葉を探しあぐねています。

 あ、そうだ。「超きれい!」にしよう。

住宅街の除雪風景 - 2014.02.23 Sun

除雪風景
( 久方ぶりの除雪風景 / 札幌市清田区で 26.2.22 )
 昨日は久しぶりに、ほんとうに久方ぶりの好天。しかも土曜日とあって住宅街のあちこちでは、多くの住人がそれぞれに除雪に邁進。
 除雪する人、それを見守る人、そしてカメラに収める老生。
 久しぶりに、ほんとうに久方ぶりの光景でした。(^_^)

キャンディの製造実演 - 2014.02.22 Sat

キャンディー作りの実演
( キャンディの製造実演 / 札幌チカホ石屋製菓店で )
 オリジナリティとデザイン性の高い飴細工のことを「キャンディー・アート」というそうで、その実演コーナーが「白い恋人パーク」に続き、札幌駅前地下歩行空間(チカホ)の石屋製菓店「キャンディ・ラボ」にもあります。
 
 手際のよい菓子職人たちの技術は見事で見ていても飽きません。この日は「ローリーポップ丸型」という製品を作っていましたが、飴をまるめたり串を刺すのはかなり力を要るようすで、女性職人のたくましさに感服させられました。ガラスで隔てられた作業現場とはマイクで話すことができるなど心憎い演出ですが、一部始終を注視される作業員さんの心労は大変だろうなぁと要らぬ心配までしてしまいました。(撮影許可は得ています)

餌に群がる鴨たち - 2014.02.21 Fri

餌に群がる鴨
( 餌に群がる鴨たち / 札幌鴨々川上流で )
 札幌中島公園を縦断する鴨々川の上流「太鼓橋」から、投げ入れるくず米に群がる鴨の群れです。写真中央のつぶつぶに光っているのが餌のくず米で、年配に女性が橋の上から投げ与えていました。
 その女性は、「鴨は本来越冬しなくて餌のある南へ渡るのですが、ここの鴨は冬越しが根付いたようです。ここには餌が限られているので体は弱っていると思い、かわいそうで餌をあげています」と話してくれました。
 「野鳥に餌を与えるのは野生の生き方をそぐ本末転倒の行為」という説はごもっともと思う反面、こうして必死に餌にありつく鴨たちのようすを目の当たりにすると、かわいそうだからという感情に与(くみ)したくもなります。

図書館通いは省エネ目的? - 2014.02.20 Thu

図書館で省エネ
( 省エネのすすめ / ほくでんパンフレットから )
 郵便ポストにほくでんの検針票に添えて「省エネ」のアイディを載せた小さな広報ちらしが入っていました。その中に上記のようなイラストがあり、思わず苦笑してしまいました。
 まさに老生の日常生活をのぞかれているようで、こそばゆい感じです。特に夏の暑い盛りには、「図書館で涼んでくる」と家を後にすることがありますから。(^_^)
 
 それにしても図書館としては複雑な気分でしょうなぁ・・・。自宅の省エネを目的に来られては、図書館の目的外使用だと憤っても、イラストのように本を手に取っていれば市民が知識・情報を得る公共図書館の目的に合致してるものなぁ・・・。

 なにはともあれ「日中、図書館で過ごす」というコピーには、俺のことかと少しくどきんとしましたわ。

凍結路面に砂の散布を - 2014.02.19 Wed

滑り止めの砂
( 滑り止め用の砂 / 札幌市内で )
 雪国の交通網を遮断した大型低気圧もどうやら北海道からも遠ざかり、荒天は今日いっぱいで終わるようです。ここ数日は、日が差したと思ったら1分後には吹雪もようと、めまぐるしく天気が変化して外出も難渋しました。

 明日から当分の間は、日中は雪解け、夜は氷点下との予報です。こうなると、朝夕の道路は滑ってたいへん!滑り止め用砂の出番です。市でも「滑って危ないと思った場所には、後から通行する人のために積極的にまいてください」と呼びかけています。
 市のホームページ(ここにあります)によると、職員の作ったペットボトルに詰めた手軽に散布できる砂もあるそうですよ。


全店休業の地下商店街 - 2014.02.18 Tue

札幌ポールタウンの休業
( 全店休業の地下商店街 / 札幌ポールタウン / 26.2.17 )
 いつもは人が塊になって行き交う札幌の地下街ポールタウンがひっそりとしていました。どうやら全店一斉の休業日らしく、お店のシャッターが下りていました。
 ここは、賑やかであたりまえと思っていましたから、この静かさにちょっと驚きもしました。といいながらも、結構な通行人の数ではあります。この人たちはここを通路として利用しているのでしょうから、いつもの通交数からこの人たちを引けば、残りがウインドウショッピングの人数ということになります。まぁ、そんな単純計算で人の行動を推し量ることはできないでしょうけどネ。

 一つ確実に言えるのは、週に1度はショッピングでもなく目的地へ向かう通行人でもなく、健康散歩と称して漫然と歩くしょぼくれた初老の男が1人居ることです、ハイ。

自衛隊の演奏会 - 2014.02.17 Mon

陸自室内楽演奏会
( 陸自室内楽演奏会 / 同演奏会のプログラムから )
 陸上自衛隊第11音楽隊室内演奏会の抽選に当たり、札幌コンサートホール「Kitara」に行ってきました。何しろ私は室内楽演奏会というのは初めてだし、会場となった小ホールで聴くのも初めての経験、期待を膨らませての演奏会です。
 この日の開場時間前後の天候は、本州方面に大きな被害をもたらした冬の低気圧の北上で吹雪となったにもかかわらずほぼ満席。人気の高さが伺えます。

 さて、演奏会。小生クラシックは、FM放送をBGMとして聞き流している程度で全くの音痴ですが、生演奏で聴くのとラジオの小音量で聴くのは、全く異次元の世界といっていいほどの違いです。会場全部に快く注いでくる音楽は、余さず体の中にす〜と入ってきてまことに心地がいいもの。中でも「箏とオーボエ二重奏」は、和洋の音色が一体となり研ぎ澄まされた調べが出色で、櫻、富士山、わらぶき屋根などなどが走馬燈のように私の脳裏を駆け巡り、静ひつな和の世界に誘ってくれました。
 ヴィブラフォンとピアノ二重奏の「SORACH SECOND」も心に沁みました。空知の瀬音、鳥のさえずりの情景が目に浮かぶようで、これが室内楽かと門外漢の腑に落ちたものです。

 陸自音楽隊の演奏は折にふれ聴いているものの、いつもは軍楽隊独特の勇壮で明解な音楽ですから、この室内楽の繊細で優雅な旋律はその対局にあるといえるものでしょう。それだけに各奏者の技量と呼吸は高度なものが求められましょうが、この奏者たちはそれを見事に成し遂げていたと思います。ブラボーです。

 アンコールは、奏者全員によるフィナーレの演奏。音楽隊員は肩の荷を下ろしたかのように溌剌とした元気な演奏で、本来の軍楽隊の精気全開のパワーをみせてくれまた。これまた、ブラボーです。

レジェンドと言われる男 - 2014.02.16 Sun

ラージヒル葛西選手「銀メダル」
( 葛西選手おめでとう!! / TVから )
 ソチ五輪のスキージャンプ男子個人ラージヒルで葛西選手が銀メダルを獲得しました。
 何しろ41歳。北欧の線種たちから「伝説(レジェンド)の男が飛んでいる」と揶揄とも羨望ともつかぬあだ名が付いているそうですね。
 何しろ41歳。この歳でオリンピックの表彰台に上るのは日本選手では初めてだそうです。しかもスキージャンプのような身体に過酷な競技でメダルを得たのですから、もうあり得ないことを為したと言っても過言ではないと思います。
 41歳でこの競技を制したのですから、「レジェンド」はもうからかいの言葉ではありません。称賛と憧れの言葉です。\(^o^)/

やったぁ羽生選手! - 2014.02.15 Sat

羽生選手、金メダル!
( 羽生選手得点発表の瞬間 / TV画面から )
 写真はソチ・オリンピックのフィギュアスケート男子決勝で演技を終えて得点が発表された瞬間の羽生選手です。重圧から解放されていい顔をしていますねぇ!
 オリンピックという大舞台で羽生選手の緊張は極限に達していたでしょうが、私のような世相に無頓着な者でも緊張はします。いよいよ演技が始まり、冒頭の4回転で転倒したときは、私はがっかりぷっつんして張り詰めた気持は吹っ飛んでしまいTVを切ろうと思ったほどです。しかしながら最後まで応援するのが礼儀だろうと気を取り直し見続けていました。

 結果は「金メダル」、本人のコメントには悔いが残るとありましたが、いやいやこれで十分。結果オーライですわあ!何だかすっきりして朝食後に来る眠気なんぞ感じません。

雪を載せたままの車 - 2014.02.14 Fri

重い雪
( 雪を載せたままの車 / 札幌市中央区で )
 車上に大量の雪を乗せたまま駐車している車がありました。この時期だと雪は圧雪になってかなりの重量のはずですから、サスペンションやタイヤにダメージはないだろうかと心配です。とはいえ、冬にはちょくちょく見掛ける光景ですからさほどに問題視することもないのでしょうか。
 それにしても車ちゃんはこの重さに耐えてひたすら主人を待っているように思え、ついつい感情移入してしまいます。「あと2週間もすれば雪解けが始まる、もう少しだがんばれよ」とつぶやいてしまいました。

ニホンザルが来る温泉 - 2014.02.13 Thu

( 「いい湯だな」 / YouTubeから )
 ここは、長野県の地獄谷野猿公苑の露天風呂です。この周辺に約160匹のニホンザルが生息しており、寒いときには50匹近くが一緒に湯につかりに来るとか。

 の〜んびりしたこの表情、天国ですなぁ。(^_^) 私もつかりたい!

オリンピック観戦 - 2014.02.12 Wed

オリンピック観戦
( ソチ五輪ジャンプ女子 / テレビ画面から )
 ソチ五輪で初めて表彰台の中央ポールに日の丸が揚がるかと期待を込めて,今日は早朝から女子のスキージャンプを観戦しました。次々と好ジャンプをみせる外国選手に埋もれて、わが高梨沙羅選手は4位に終わりました。
 少しがっかりしたけど、そんなに悔しくもありません。それどころかあの小柄な体でよくやったぞと嬉しくさえも思います。
 実をいうと、マスコミが事前にメダルメダルとはしゃぎあおる騒動に少々辟易していたので、「沙羅ちゃんこれでいいんだ」と別の屈折した感情がもたげてもきています。
 残念だけど悔しくもない変な気分。

瀟洒なお店 - 2014.02.11 Tue

洒落たインテリアのお店
( 素適なお店飾り / 札幌市北3西3 )
 街中の官庁街を漫然と歩いていたら素適なインテリアをあしらった軽食喫茶がありました。小型のガス灯と小ぶりの電飾、そして洒落たお品書きが道行く人に「ちょっとくつろいでいきませんか」アピールしています。
 
 このお店、エクステリアとしては高級仕様でもないし、かと言って安物の飾り付けでもありません。このさじ加減が絶妙で、たぶんこの辺りで一番多い客層つまり中間所得層をねらったものでしょうね。少なくとも、私がごときむつけき男には無縁のお店ではありますので、、、パス!

雪壁に灯す願い事 - 2014.02.10 Mon

雪あかりin中島公園
( 雪壁に灯す願い事 / 「雪あかりin中島公園」から )
 昨日に続き「雪あかりin中島公園」の一コマです。こちらは「紙コップランタンに願い事を描こう」コーナーのショットで、それぞれに想いや願い事を紙コップに描いて雪壁に彫った穴に置いています。中からローソクで照らされて浮き上がる絵の一つひとつが素適です。何だか願い事が成就しそうで、明年は臆せずかいてみようかな。

雪あかりin中島公園 - 2014.02.09 Sun

雪あかり
( 雪あかりin中島公園 / 中島公園内の日本庭園で )
 都会の喧噪から一歩入ったところに広がる幻想的な世界・・・そんな雰囲気につつまれた「雪あかりin中島公園」が今年も催されています。
 メイン会場のたくさんのランタンに灯が灯る光景も素適ですが、日本庭園の園路沿いに置かれた灯りも、静かで燦たるものがあります。

雪まつりの「プロジェクションマッピング」 - 2014.02.08 Sat

projection-mapping
( プロジェクションマッピング / 雪まつり2丁目会場で )
 さっぽろ雪まつりで評判のプロジェクションマッピングの一場面です。この催しは昨年の雪まつりから始まったものですが、このときはあまりの人気で会場が混み合い、危険だということで催しの半ばで中止になったほどです。
 今年は、プロジェクションマッピングは実施場所を分散して通路も広くし、かつ会場への入場者数も制限するなどの対策をとっており安心して観られます。
 写真は北海道新聞社の催しで、北海道競馬を主題にしたもの。10分おきに上映で観客の回転も早く、私は最前列の椅子席に陣取ることができました。色鮮やかに駿馬の駆けるさま音響効果と相まって迫力満点、プロジェクションマッピングを十分に堪能して会場を後にしました。

冷え込んだ雪まつり会場 - 2014.02.07 Fri

寒い中のさっぽろ雪まつり
( さっぽろ雪まつりのステージ )
  さっぽろ雪まつり会場の一場面です。6日の道内は冷え込み、この会場でもマイナス7℃で見物客も肩をすぼめていました。そんな中、ステージ上では半袖で頑張っている人を見たお客さん曰く「今日ばかりは縫いぐるみを着る人がいいね」。
 今日明日も道内は冷え込む予想、観光のお客さんは北海道の「しばれる」を体験することでしょう。

歓迎の雪だるま - 2014.02.06 Thu

歓迎雪だるま
( 歓迎の雪だるま / 札幌市時計台で )
 札幌市時計台の前に表情豊かな雪だるまがずらりと並んでいました。何でも折からのさっぽろ雪まつりを見に来る観光客を歓迎しようと、市の職員25名が休日返上で作ったものだそうです。雪だるまは30cmから50cmぐらいの小ぶりですが、80体も並ぶと壮観。訪れた観光客はそれぞれに「かわいいね」と笑みを浮かべて記念撮影をしていました。

折れて曲がる市電 - 2014.02.05 Wed

折れて曲がる新型市電
( 折れて軌道を曲がる札幌の新型市電 )
  昨年5月から運行している札幌市の市電(愛称「ポラリス」)は、カーブを曲がる際に車両が3つに折れて曲がります。これは車両のボディーが従来型より長いため、90度に曲がる軌道へ対応したものです。このぐにゅっと折れながら曲がるようすが面白くて、内部のようすをカメラにおさめました。

 この新型車両は「2013年度グッドデザイン賞」を受賞したとのこと。今年から軌道のループ化工事が始まり、素適なデザインのこの新型車両の2両が追加されるそうで楽しみです。

新雪の足跡 - 2014.02.04 Tue

足跡
( 新雪の足跡 / 札幌中島公園で )
 公園の木立の中に真新しい、それもたくさんの足跡が残っていました。雪のない時期にこの場所を通る人は居ないはずだから、どこかへの近道でもなさそうです。この日に初めて歩いたのなら、深みにはまった穴も空の一つ二つは空いてもいように、、、いやいや用心深く足下を固めながら進んだバードウオッチングのグループかもしれないぞ、などとどうでもいい詮索をしてしまいました。要するに私は暇なんですわ。

 それにしても、新雪の足跡って絵になりますねぇ。

通りにある画廊 - 2014.02.03 Mon

絵画「大雪山のn春」
( 通りにある画廊 )
  札幌大通公園に面した北海道銀行本店ビルの壁面ディスプレイに新しい絵画が掲げられていました。写真はその中の1枚で「大雪山の春」と題した作品です。絵画に添えられている紹介文によると、作者は場崎惠氏で「道内風景を中心に明るい色彩で心和む絵を描き続けている」とあり、現在は北海道美術協会会員で石狩市在住だそうです。

 このような素適な絵画が、歩道から観られるなんて私には望外の喜び。この絵をカメラに収めた時は薄暮で、対面ビルの映り込みも少なくきれいに撮れましたので紹介します。(絵の空の部分に僅かに対面ビルの陰が映り込んでいます。なお、車などの突出した光は画像修正ブラシで消しています)

寒風の中のテレビ取材準備 - 2014.02.02 Sun

テレビ取材班待機中
( テレビ取材の準備 / 札幌市大通公園横 )
 テレビの取材スタッフが本番に備えて準備していました。いつも見掛ける光景ですが、一頃より器材が随分と小型化されているのに驚きます。一昔前のテレビ実況放送といえば、パラボラアンテナを備えた大型車や電源車が横付けしていたものです。特にカメラの小型化はすすみ今では話題の4Kカメラでさえ手持ちのものがあるとか。局への映像送信は光ケーブを利用しているのでしょうか(想像ですが)。
 
 それはともかく機材は進歩しても変わらないのは、スタッフの準備のようです。レポーターの女性はジェットヒーターの横でリハーサルを重ねていましたし、それを支えるスタッフも打ち合せを重ねている様子。お仕事とはいえ、寒風のすさぶ中で立ち尽くすのは大変だろうなぁと同情しました。

札幌市電の線路補修作業 - 2014.02.01 Sat

線路補修作業
( 市電の線路補修 / 札幌市中央区で )
 札幌市電の線路補修作業のようです。作業内容は分からないまでもどうやら線路のポイント切り替え部分(専門用語で分岐器と言うようです)の作動を確認しているようでした。
 作業はまことに迅速で、あっという間に終わり次の切り替え場所に移動。その作業員2人の呼吸の合った仕事ぶりは見事で、動きにも全く無駄がありません。見ていてほれぼれしました。

 それにしても、私は何で人様の仕事ぶりを見るのが好きなんだろうとつくづく思います。これは、人の生き生きした動きにしょうもない自分を重ねて、羨望しあこがれているのだと思いますわ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR