title

2014-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を待つ豊平川 - 2014.03.31 Mon

春を待つ豊平川
( 春を待つ豊平川 / 同橋から北側を撮す )
 連日の暖かさで雪解けは一気に進み、ここ豊平川も雪解け水をで少し水かさが増しているようです。

 今年は、河川敷の芝が顔を出すのも例年より早くなりそうだと気持が膨らみます。犬を連れた散歩の人たち、パークゴルフに興ずる人たち、はたまた草野球を楽しむ人たちが河川敷に戻るのも間もなくです。
 明日からは4月だもの。

スポンサーサイト

あけぼの - 2014.03.30 Sun

あけぼの
( あけぼの / 札幌市街地 3.29 06:10撮影 )
 
 春はあけぼの
 やうやう白くなりゆく山際 少しあかりて 紫だちたる雲の細くたなびきたる


 ビルのシルエットを山と想像してくださいな、すこしは風情も出てきます。(?)
 それにしても1000年も前に、清少納言もこの春陽を拝んだのかと思うとちょっぴりロマンを駆り立てられています。


春のファッション展示  - 2014.03.29 Sat

ファッション展示も春の装い
( 春のファッション展示 / チカホで )
 札幌駅前地下歩行空間(チカホ)で、サッポファッションパレードと称する展示がお見えしていました。老生ごときには縁なきものとはいえ、明るく淡い色のファッション展示はまさに春到来を感じさせる爽やかなものでした。
 おわり。(^_^)

人なつっこいカラス - 2014.03.28 Fri

ハシブトガラス
( カラスくん / 札幌幌平橋で )
 橋の欄干から景色を見るではなく、もっぱら通行人の方ばかり見ているカラスくんに出会いました。カメラを構えて2m位まで近づいても飛び去ることもありません。こんな至近距離でつぶさにカラスを観察できたのは珍しい経験です。カラスにも個性があって、人なつっこいのから臆病なものまで様々なんでしょうね。
 あまりの馴れ馴れしさに、他の方も携帯でバシャバシャ撮っていました。
 ネット図鑑で調べるとどうやら「ハシブトガラス」という品種らしい。

日ハム選手の等身大パネル - 2014.03.27 Thu

プロ野球開幕迫る
( 日ハム選手の等身大パネル / チカホで )
 いよいよ明日からプロ野球が始まります。チカホ(札幌駅前地下歩行空間)では、日ハム選手の等身大パネルを並べて「開幕戦スタメンは誰だ?!」というアンケートを募っていました。
 
 今年は安心してTV観戦ができそうです。だって昨年より順位が落ちることはないものネ!

雪解け道 - 2014.03.26 Wed

水たまり
( 雪解け道 / 札幌市内で )
 急に気温が上がると除雪の行き届かなかった道路はぐちゃぐちゃ。「春だぁ」と冬の重い靴を履き替えて歩いていると、路地に入ったとたんこんな光景に遭遇することがあります。「春へ向かう通過洗礼」なんて瀟洒なことをを言ってる場合じゃないですぞ、ここを通る際は。(^_^)

暖かくなりました。 - 2014.03.25 Tue

暖かい日
( 春の気配 / 札幌中島公園で )
 昨日から急に暖かくなり、札幌は10℃を越しました。この暖かさは、平年の4月10日の気温だとか。そして、これが今月いっぱい続くとの予報です。
 ようやく北国にも、春の気配が感じられるようになりました。

雪たい積場の雪山崩し - 2014.03.24 Mon

雪たい積場の雪山崩し
( 雪たい積場の雪山崩し / 豊平川河川敷 26.3.23 15:30撮影 )
 豊平川河川敷にある雪たい積場では、今までたい積していた雪山を崩していました。新たな雪の搬入(雪捨て)も少なくなったようで、河川敷もこれから一気に春に向かいます。
 太陽の日差しがとみに暖かさを増してきたのを実感します。

野鳥の飛来 - 2014.03.23 Sun

つぐみの来訪
( 野鳥の飛来 )
 拙宅のベランダにちょくちょく顔を見せてくれる野鳥です。ツグミだよと家人に言っていたものの、ネットの野鳥図鑑を見るとヒヨドリらしくも思えてきました。2重窓越しの撮影で色の鮮鋭度が落ちて明確に確認できないので、首の辺りの茶色からするとどうやらヒヨドリが正解らしいデス。(と言いつつもくちばしが茶色ですからツグミかな?)

 いずれにしても「野鳥」!(^_^)
 居ながらにしてバードウォッチングとかいう趣を味わっています。
 少しく気持の癒やされる幸せを感じています。

急ぐとズボッ! - 2014.03.22 Sat

ずぼっ!
( ズボッ! )
 雪面の小径は近道。急ぐときは便利だけど、時折に「ズボッ!」
 
 近道は、遠回り
 急ぐほどに、足をとられる
 始まりと終わりを直線で結べない道が、この世にはあります
 迷った道が、私の道です
 大分むぎ焼酎、二階堂

 
 (ついついこのコマーシャルを思い浮かべます)

豊平橋アーチの除雪 - 2014.03.21 Fri

橋に架かるアーチの除雪
( 幌平橋アーチの除雪 / 26.3.20 )
 札幌豊平川に架かる幌平橋には扇状の大きなアーチが築かれています。このアーチに積もった雪を除雪機で川面に飛ばしていました。結構急なアーチを除雪機が登っているのに驚ろくと同時に、除雪機のキャタピラーで階段を痛めないかと心配しましたが、これはどうやら杞憂。除雪しているのは上部の雪だけで、下地のタイル階段は見えていませんから大丈夫。

 このアーチの雪がなくなり、階段が現れるのも間近です。
 この天辺から息吹き始めた河川沿いの柳を一望できるものもうすぐ。♪

鉛筆の誤った持ち方 - 2014.03.20 Thu

鉛筆の持ち方
( 鉛筆の変な持ち方 )
 これは某ブログのトップページにある写真です。どうも鉛筆の持ち方が尋常ではなく気になってしょうがありません。ブログの制作会社が何のてらいもなく掲載しているのは、こんな持ち方が常態化しているのでしょうか。
 さては、学校などではどうなっているのかなと思ってネットを探ると結構誤った持ち方をしている学童が多いとのこと。小学校入学直後に授業などで鉛筆の持ち方を指導しているものの、家庭での親の無関心などから矯正に時間がかかるそうな。そして、学年が進むと学習に追われて鉛筆の持ち方などの指導に時間を割くこともできず、自由にさせているのが実情だとか。
 それで支障がなければ目くじらを立てることもないのですが、誤った持ち方だと筆先が見えづらく字体が崩れてしまい、加えて姿勢も悪くなって視力に悪い影響を及ぼしかねないと識者は指摘しています。

 まさか、携帯のボタンやPCのキーボードを早く打てるから鉛筆などは無用の長物になったと思っているのではないでしょうね。

路面電車での出来事 - 2014.03.19 Wed

路面電車
( 車窓から運行検査中の新型電車をパチリ / 〔記事とは関係ありません〕 )
 札幌路面電車に乗車中、西線11条停留場でのことです。乗車口でかなりのお年の女性がステップの握りに手をかけたまま「お願い、私の手を引いてくださらない!私、乗れないの」と車内に向かって呼びかけました。正面に座っていた年輩の男女がすかさずその女性の両手をつかみ、電車内に引き入れました。近くの乗客が直ぐに席を空けました。その間の出来事はあっという間で、リハーサルでもしていたかのように何のためらいもなくごく自然に行われました。
 その女性は「ありがとうね。私、腰を痛めて乗れなくて、何時も助けていただいています。ほんとうにありがとう」と礼を言い、周囲の乗客も「たいへんですね」といたわりの相づちをしていました。
 
 外はうっとうしい雨模様でしたが、車内には爽やかな春の空気が漂いました。

古風な灯り - 2014.03.18 Tue

クラシックな灯り
( 古風なデザインの灯り / 札幌中島公園で )
 公園の園路をまたぐ橋のたもとにある灯りです。古風なデザインが辺りの景観とも調和していていて私は好きです。
 園路を照らすという実用性とともに、古い歴史を公園の歴史を語る風情が漂っていて、ここを通るたびに何となくほっとした暖かい気分に浸ることができます。私はシンプルで目立たないこの灯りが好きです。

埋もれたゴミ箱 - 2014.03.17 Mon

埋もれたゴミ箱
( 埋もれたゴミ箱 / 豊平区で )
 住宅街にある雪に埋もれたゴミ箱です。何やらいっぱい詰め込まれて満杯になっていました。
 それはともかく、札幌管区気象台のデータによれば16日は85cmの積雪量(同気象台の積雪深グラフから)ですから、ゴミ箱がこのような状態にあるのは仕方ありません。これでは、ゴミを出す人も収集する人も出し入れが大変だろうなぁと雪国の生活事情に今更ながらに気付きました。

病気樹木の伐採 - 2014.03.16 Sun

危険木の伐採
( 病気に罹った木の伐採 / 札幌中島公園で )
 中島公園内の樹木が10本ほど伐採されました。この切り株はニセアカシアのものですが、腐抗菌によって倒木の危険があるとのことで切り倒されました。樹木がこの病気に罹ると他の樹木にも伝染することがあるそうで、伐採もいたしかたありません。
 この木は、夏には大きな木陰をつくってくれ散歩の途中で鴨々川を見ながら一休みしたものです。ありがとう、ニセアカシアの大木さん。

大統領の執事の涙 - 2014.03.15 Sat

映画「大統領の執事の涙」
( 映画「大統領の執事の涙」 / パンフレットから一部を切り抜き )
 映画は、1953年のアイゼンハワー大統領からレーガン大統領の前まで、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の実話を紡いだものです。

 主人公は南部の綿花畑で働く奴隷の子に生まれ、理不尽な人種差別を味わって生きています。あるとき、父親が農場主に虫けらのように射殺されるのを目の当たりにして農場を逃げ出します。農場の外でも人種差別の悲惨な現実に直面するものの、ひたすら給仕として人に仕える技を習得し、ホワイトハウスの執事として大出世を果たします。

 そこから物語は、米国の現代史をテンポよく重ねながら一気に進みます。執事は空気のような存在に徹し、無関心を信条として仕えますが、大統領の側面や裏側を垣間見ることになります。選挙に勝つことを優先する政治、スキャンダルへの苦悩、黒人の人権に対する白人の思いなど理想と現実の葛藤などなどが短いショットで挿入されていきます。この挿話の編集が実に的を得ており、私の理解スピードと合っていて心地よく腑に落ちるものでした。
 
 物語は一方で、彼の家族とりわけ息子2人の生き方の相違などを織り交ぜながら進みます。息子の1人はベトナムで戦死、もう1人はブラックパンサーなど過激な黒人運動へ没入しながらも地方議員にまで上り詰め、ようやく父親と和解します。
 
 このように、主人公の人生、家族との軋轢、アメリカの現代史などの諸諸をよくもまぁ2時間の物語に詰め込めたものだと監督の手腕に喝采です。
 ちなみにこの映画監督「リー・ダニエルズ」は黒人です。でなければ、いわば黒人が白人社会へ進出した先駆者であるシドニー・ポワチエを「白人に媚びた奴」などとは言えないでしょう。この監督、ただ者ではありません。

   映画の「公式ホームページ」はここにあります。

雪と遊ぶ南国からの観光客 - 2014.03.14 Fri

雪にはしゃぐ観光客
( 雪に大はしゃぎの南国からの観光客 / 札幌大通公園で )
 
 大通公園で雪玉を作ってはしゃいでいる子ども連れが目に留まりました。余りの楽しそうなその仕草に、九州か沖縄からの観光客かなと思って尋ねると何とシンガポールからのご家族。赤道直下の国からだとそりゃあ雪に触れられるのは貴重な体験、はしゃぐのもむべなるかなではあります。ブログ掲載にも快く応じてくれました。
 チアさん、よい旅を!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Hello the Chia family.
I am very pleased to meet you yesterday at Odori Park.
There are four distinct seasons in Japan, the beauty of nature that is represented in the every seasons. Please come again Japan and Sapporo.
Have a nice trip.
S.Abe

春到来を告げるボード - 2014.03.13 Thu

春到来を告げるメッセージボード
( 春はもうすぐと告げるサインボード / 札幌市中央区 )
 「春の気配を感じま〜す」というサインボードがとある店先に置いていました。どこでも見掛けるものですが、このボードには「家で飼っているネコが日向ぼっこするようになって一緒に春を感じています」とあります。
 文章がうまいなぁと私は感心しきり。ネコのようすをさりげなく取り入れ、しかもネコをイラストで表すとは手練れの技!
 
 文面、字体からして書き主はきっと笑顔のすてきな女性でしょう。
 店内は明るくほんわかした空気に満ちているんだろうなぁ。
 菜の花の黄色いっぱいの野に暖かい光を浴びて蝶が舞っている、、、。

 などとよどみなく連想して私の体の中にも春が訪れてきました。ありがとう書き主さん。

バスの天井諸々 - 2014.03.12 Wed

カラフルはバスの天辺
( バスの天井 / 札幌市中央区で )
 とあるバス会社の駐車場を隣の建物からパチリ。バスの天井に雪が積もっているのは昨日から駐車したままの車両でしょうかね。
 その天井の仕様がまちまち。製造会社が違うのか型式が違うのか、エアコンの通風口らしい形状のものもあれば全くフラットなものもあります。はたまた、赤い車両には一か所白いものがあります。これは修理か何かで後付けしたもので、目立つところでもないからと赤色塗装を止めたのでしょうか、、、などと写真を眺めながら一文にもならない詮索を巡らせています。暇だから。
 
 それにしても、雪面を背景にすると色の鮮やかさが引き立ちます。左から2番目のバスが全面黄色の塗装だったら「R・G・B」とそろい踏みとなったのになぁと、ちょぴり残念。

半旗を掲げる - 2014.03.11 Tue

大震災から3年、半旗
( 大震災から3年目 / 中島公園で )
 今日は東日本大震災から3周年を迎えた日です。ここ札幌中島公園のコンサートホール「Kitara」の前の旗も半旗にしている最中でした。
 街に出ても銀行なども半旗を掲げ、震災によって失われた人々とその遺族に対し哀悼の意を表していました。

 犠牲になったみたまに安かれとお祈りし、被災地に一日も早く安らかな日々の戻ることを願ってやみません。

通せんぼ! - 2014.03.10 Mon

たくさんのカラーコーン
( 通せんぼ! / 札幌中島公園で )
 あらまぁ、たくさんのカラーコーンが路上に置かれています。
 ここは中島公園内にあるコンサートホール「Kitara」へ通じる唯一の進入道路。間違って進入してくる車に注意を促すための標識です。これぐらい並べておけば、漫然と入ってきた運転者さんにも気付いてもらえるでしょうね。

「なので」はもう市民権を得たのか - 2014.03.09 Sun

日本語「なので」
( 読売新聞のコラム / 26.3.8北海道版夕刊から )
 この頃の言葉遣いについてとみに気になるのが「なので」です。これは私だけではないようで、ネットで「なので」を検索すると「間違いだよ〜」と指摘するもの、「言葉は時代にそって変化していくから、その過程にあるんだな」と許容しているページなどがわんさかヒットします。

 しかしです。文章を生業にしている新聞、就中言葉遣いについて日頃から乱れを嘆いているコラム氏が書くんだから驚きました。しかも「なので滞在中の云々」と文頭にですぞ!
 もうこの言葉は、市民権を得て定着していると読売新聞の校閲部は判断したのでしょうか。
 その内、「やばい政治判断」だとか「ちょういけるイベント」などという文言が、新聞の見出しに踊りますよ、きっと。やだやだ、私はそんなの絶対見たくない。その前に成仏したいなぁ、ほんとに。
 
  後日、図書館で読売新聞の縮刷版を見てみます。このか所が訂正されていることを願って。

モノトーンの雪景色 - 2014.03.08 Sat

モノトーンの雪景色
( モノトーンの雪景色 / 札幌JRタワー展望室から )
 昨日に引き続き、札幌JRタワーの地上38階(高さ160m)の展望室からの眺めです。あいにくの雪模様で満点の眺望とはいかないものがまことに残念。
 ただ写真撮りすると雪に沈んだモノトーンの中に赤色だけが浮かび上がって素適。映画やCMで見掛ける手法にも似て、な〜んとなくゲージュツ作品のような香りも漂ってきます?
 (実情は、ブログに使う写真が枯渇しただけのことです、ハイ)

落ち着かない眺望トイレ - 2014.03.07 Fri

( 眺望トイレ / タワーT38で )
 札幌JRタワーにある男性用眺望トイレです。「札幌の街を望みながら唯一無二の開放感を」というのがうたい文句ですが、この日は雪模様でさほどの開放感はありませんでした。日本晴れの日に、辺りをへいげい(「睥睨」と変換できました)しながら用を足せば、まぁ開放感全開ではありましょうが。
 でも、私のような小心者には「どこかで望遠鏡で見てないか?」という気持が先に立って落ち着かないだろうなぁ、きっと。

緑が待ち遠しい - 2014.03.06 Thu

地下街のグリーン
( コンクリート空間の緑コーナー / チカホで )
 人通りの絶えない札幌駅前地下歩行空間(チカホ)の一角に、いち早く春を告げてくれる緑の空間があります。これは、札幌市と札幌駅前通まちづくり株式会社が協力して取り組んでいる「室内緑化」事業の一環として設置しているもの。

 市のホームページには「冬の札幌は、素晴らしい雪景色と引き換えに植物が育たない場所。しかし、生活空間にみどりを取り込むなら、気候に左右されず、いつでもみどりと触れ合える空間を創り出せます」とありました。
 何だか仰々しい説明ですが、「殺風景なコンクリートの空間に緑を置きましたよ」ということでしょう。ま、確かに潤いをもたらしてくれるコーナーですね。Thank you!

プリンターのインク代が高い! - 2014.03.05 Wed

プリンターのトラブル
( 部品を交換して戻ってきたプリンター )
 プリンターのインク代が高くてどうも釈然としてません。プリンター本体は1万円くらいから買えるのに、インク代が5千円もするとは・・・。
 などとぼやいても、そもそもメーカーは本体を安く売ってインクで稼ぐという図式になっているのでどうしようもありません。

 対抗手段に、私は互換品と称する格安品(百均でも売っています!)を求めて使っています。ところがこれが時折に目詰まりを起こして困ります。そのたびにノズルのクリーンアップを重ねていたら、とうとう「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近づいています」と警告が出てしまい、仕方なくメーカーの修理センターで部品交換と相成りました。部品の交換料は¥5,775也。
 戻ってきたプリンターに修理センターからの連絡用紙が貼ってあり、曰く「純正インクの使用をお勧めします」だと。
 分かっちゃいるけど格安インクを止められない、、、ですわ。

気持も晴れる冬の青空 - 2014.03.04 Tue

青空
( 湯の青空 / 札幌市中央区 / 26.1下旬撮影 )
 この写真は今年の1月下旬に撮ったものです。冬の空は澄み切っており、青空がほんとうにきれいに撮れます。ベテランカメラマンの言う「コダックブルー」がいとも簡単に撮れ、しかも高価なカラーフィルムなど使わなくてもOKとは、よい時代になったものだとつくづく思います。
 今の若者に、リバーサルフィルムだとかスライド映写機とか言っても分からないだろうなぁ、、、。

自然の作るおもしろい造形 - 2014.03.03 Mon

雪の造形
( 自然のつくるおもしろい造形 / 札幌中島公園で )
 曲がった木に積もった雪はそれなり曲がって積もるという、至極あたりまえのことですが、自然のつくる造形のおもしろさに惹かれてカメラを向けました。

寂しそうな公衆電話ボックス - 2014.03.02 Sun

電話ボックス
( 寂しそうな公衆電話ボックス / 札幌大通公園で )
 公衆電話はケータイの普及とともに漸減しているのは承知しているものの、冬場でも結構な人通りの札幌大通公園内でも電話ボックスはあまり管理が行き届いていないようです。中をのぞくと、電話帳も結構新しくて使用頻度はさほど多くないようです。一応ボックス入り口までは除雪されているものの、おざなりで扉は氷にはばまれて開いたままでした。

 別にいちゃもんをつけているわけではないのですが、あれほど隆盛を誇った電話ボックスの見向きもされなくなった姿に哀れみを感じたものですから。
 そう言えばテレホンカードは、今やコレクターズアイテムとして売買されているのが多いとか。今昔の感一入の時代になりました。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。