title

2014-04

フリーマーケット - 2014.04.30 Wed

フリーマーケット
( フリーマーケット / 札幌中島公園 26.4.29 )
 咲き始めた桜の下、中島公園の自由広場と園路の一部でフリーマーケットが開かれていました。たくさんの人が出店し、それを求めるたくさんの人でにぎわっていました。
 この催しは、10月まで約10回開かれる予定だそうです。業者さんは参加できず一般家庭のいわばガレージセールですから思わぬ逸品があることもあり、それを掘りあてる楽しみもあるとか。

 主催している「リサイクル運動市民の会北海道本部」のHPがここにあります。

スポンサーサイト



桜が咲いた - 2014.04.29 Tue

桜の開花
( 桜前線到着 / 札幌市澄川 )
 昨日は、札幌の各所で咲き始めたとのニュースがTV・ラジオで飛び交っていました。私も早速、桜の花を求めて街中をぶらぶらと歩いてきましたら、ほんと各所で咲き始めていました。この写真は、札幌市澄川の精進川沿いにある桜並木のものです。まだつぼみのままの木が多かったのですが、木によっては3分咲きくらいのものもありましたよ。いやぁ、待ちに待った桜の開花。気分爽快です!

 札幌での開花宣言は、札幌管区気象台構内にある標準木(ソメイヨシノ)が花を付けなければならないので、それは今日あたりになるのかな。

ストリートライブ演奏 - 2014.04.28 Mon

アコーティックデュオ「くろまる」
( 「くろまる」のライブ演奏 / 大通公園 26.4.27 )
 きれいなハーモニーに引き込まれ、「くろまる」のライブ演奏を長居して聴きました。息の合った演奏と歌、そして漫才のような愉快なトークなどは、このデュオが小学3年生からの幼なじみでもう20年近くも一緒に過ごしていると聞き納得デス。
 曲目の中でも特に印象に残ったのは、デュオのひとりが2年前に亡くしたビーグル犬との思い出を、バラード風に切々と歌いあげる「634」。私も愛犬を見送った虚無感を未だ引きずっているだけに胸に響きました。
 折からの傾いた陽を浴びて歌い上げる彼らの姿は素適、今まで見てきたストリートライブでも白眉でした。
 
 彼らのHPはここにあります。(なお、ブログ掲載は許可を得ています)

札幌中央図書館の改装後の人気 - 2014.04.27 Sun

札幌中央図書館
( 札幌中央図書館の案内ディスプレイ )
 札幌中央図書館が改装されてからは、以前に比して入館者数が増加しているようで同慶の至りです。昨日の土曜日は天候もよく、多くの人々は春の屋外を楽しんでいるからチャンスとばかりに訪れたものの満席!背もたれのある椅子の空きは皆無で、そそくさと帰りました。まぁ、私と同じ考えの人も居るはずで、「今日は空いているだろう」と目論んで来館した方が多かったのかもしれません。(^_^)

 館内のリニューアルの目玉は、森をイメージするということで木製の衝立がそこかしこに設置されました。ただ、これが開放感を阻害して何となく窮屈な空間になり私は好きになれません。とはいえ、その内慣れてきて「遮られた空間は人目を気にせず読書に没頭できる」と真逆の感覚になるかもしれませんが。

 館員に写真撮影について伺うと「ご遠慮願っています」ということでしたので、ホールの案内ディスプレイを紹介して本日の駄文はおしまい。 館内での撮影は、本の中味の撮影で著作権のことや閲覧者のプラバシー保護の観点から野放図にはできないのでしょうね、納得です。

ビルの塗装作業 - 2014.04.26 Sat

ビルの塗装作業
( ビルの塗装作業 / 札幌市創成川沿いで )
 クレーン車でビルの飾り壁を塗装しているようすです。手慣れた手順で、クレーンの位置を動かし、ペイントローラーを上下に動かして塗装をしていく一連の動作が実にスムース。まさに塗装の名人芸を見ているようで楽しくなります。

 この手際のよい仕事っぷりに魅せられて、パネルの一角を塗り終わるまで見ていました。(小生、全くの閑人だなぁ〜とつくづく思います)

ネコヤナギ - 2014.04.25 Fri

ネコヤナギ
( ネコヤナギ / 豊平川河川敷で )
 札幌の今日の気温は24度まで上がり、昨日に続いて今年の最高気温を更新しました。この暖かさで豊平川河川敷のネコヤナギもいっせいに花を咲かせました。遠目に見ると川沿いが淡い薄緑に色づき、春の到来を告げています。

 と、ここまで書いて「これはネコヤナギかなぁ」と心配になりネット図鑑を探るとネコヤナギの花穂(雌花)と言うことで決着。
 と、ここまで書いて白状すると「おお、私にしてはきれいに撮れたぞ」と自己満足で載せただけのことですが。

川面に映えるビルの窓 - 2014.04.24 Thu

川面に映えるビルの窓
( 川面に映えるビルの窓 / 札幌市豊平川 )
 陽が西に傾く頃、川沿いに建つビルの窓の光が川面に映えていました。太陽の反射光がちょうど川面を照らす位置になり、加えて周辺の光量も落ちてコントラストが際立つなどの条件が重なってできるおもしろい紋様です。
 
 小生、何時もは見逃していた光景ですが、ブログの被写体を探すようになってから気付いただけのこと。どこにでもころがっている場景でも、見る目が違えば浮かび上がるという至極当たり前、かつとりとめのないコメントで本日はおわり。

力強いシルエット - 2014.04.23 Wed

力強いシルエット
( 力強いシルエット / 札幌市ミュンヘン大橋 )
 ミュンヘン大橋を仰ぎ見ると、その力強いシルエットに圧倒されます。主塔から幾重にも張ったケーブルの幾何学模様が、繊細でかつ屈強な印象をかもし出しています。
 
 このミュンヘン大橋、近くでも遠くからでも、俯瞰しても仰いでもOK。どこから撮っても様になるので私のお気に入りの被写体です。

クロッカス全開 - 2014.04.22 Tue

クロッカス
( クロッカス全開 / 札幌中央区で 26.4.21 )
 気温14度、ようやく春の日差しになりました。
 クロッカスも全開、気持ちよさそうです。
 春が来た 春が来た どこに来た
 山に来た 街に来た どこにも来た

池に集うカモメ - 2014.04.21 Mon

菖蒲池のカモメ
( 菖蒲池のカモメたち / 26.4.20 15:00撮影 )
 中島公園菖蒲池にカモメが飛来するのは見掛けてはいましたが、こんなにたくさんのカモメが遊弋しているのは初めてです。「すわ、池の占領か」と一瞬いぶかったもののそれは杞憂、2時間後には1羽も居ませんでした。
 単なる気まぐれで飛来したのか、湖面開け(雪解け)を確認しに来たのか、はたまた餌の状況を調べに来たのかなどと想像をたくましくしても、私なんぞに分かろうはずもありませんが。


宿り木 - 2014.04.20 Sun

宿り木
( 宿り木 / 豊平川河川敷で )
 落葉している時期には宿り木が目につきます。この草木は他の木に寄生してその栄養分をいただきながら生きているということで、私はあまりよい印象は持っていません。なんせ居候のくせして、家主が葉を落として静かに春を待っている時季にも、栄養分は十分とばかりに緑色をしているんだもの。

 ところが欧米での宿り木は、大地に根を張らずに繁殖するというので、その生命力が尊重され敬愛されているとか。
 加えて、花言葉には「困難に打ち勝つ」、「忍耐強い」、「征服」とありました。とすれば宿り木は、一般的にはよい印象を持たれているんですねぇ。私には釈然としませんが。

画像形式 - 2014.04.19 Sat

画像の解像度
( 幌平橋 / 26.4.19 4:52 )
 このブログにちょいちょい載せている朝の光景。写真をアップする際、「同色が多そうだから「gif」でもいいんでないかい?」とあれこれ試してみると;
 「jpg 」→85kb〜120kb(高画質)
 「gif 」→88kb(256色 ディザリング100%)
 「png (8)」→81kb(256色 ディザリング100%)
という結果になり、子細に見てもjpgの高画質とpng(256色)と見分けがつかないので、今日の写真は「png」で処理しました。
 
 などと愚にもつかぬ雑文の所以は、ブログの写真に事欠いての次第です、ハイ。

世界中が涙した感動CM - 2014.04.18 Fri


( 世界中が涙したタイの感動CM / YouTube )
 漫然とYouTubeをサーフィンしていたら「世界中が涙したタイの感動CM」と銘打ったサイトがあったので紹介します。内容はどこにでも転がっている所謂「お涙頂戴」ものですが、見ている内にジ〜ンときました。
 そう言えば20数年前、「一杯のかけそば」が日本中を涙で包んだことがありました。その時は実話だ、いや創作だと別な方向に話題が飛んでいって肝心のかけそばはすっかりのびてしまいましたが。
 脱線してゴメン。

 どうも、渡世の折々にはこんな感動ものが必要なのかもしれません。事件だ事故だと嫌な話題の中には、このようなほんわか感涙物語が潤滑油として働きますものね。
 いかん、涙が止まらない、、、。

洒落た意匠のカフェ - 2014.04.17 Thu

素適な意匠
( 洒落た意匠のカフェ / 札幌市中央区で )
 写真は、とあるカフェの建物の一部を切り取ったものです。洒落た意匠のロゴからして店内も素適だろうなぁと興味をそそられます。
 気になって「Rossa」の文字を調べたらイタリア語で「赤」を意味する由。なるほど止めている車は赤のアルファロメオ(イタリア車)だもの、店主(たぶん)のこだわりは半端ではないようです。その車、ぴかぴかの新車でないところが、ローマのひなびたカフェを連想させて(行ったことはありません!)また憎らしい。
 別にお店には何の関わりもないのですが、素適なカフェですよ!(とは言うものの、入ったことはありませんが)

 何だか()書きばかりで読みにくいですね。(ごめん、、、)

逆光に浮かぶフェンス飾り - 2014.04.16 Wed

フェンス飾り
( フェンス飾り / 札幌市山鼻橋付近で )
 道路脇のフェンスにある飾りが太陽の光を受けて鮮やかに浮かび上がっていました。
 この写真を撮るとき、白トビするか黒寄りに潰れるかだろうと思っていましたら、以外と見た目に近い写真が撮れていました。ただそれだけのことですけど私は結構気に入っています。

雪たい積場の雪山崩し - 2014.04.15 Tue

( 雪たい積場の雪山崩し / 札幌豊平川河川敷で )
 この映像は2年前(2014.4.12)に撮ったものです。実は昨日、春の陽気につられて河川敷を散歩していたら、雪たい積場の雪山崩しをしているところに出会い(拙ブログの3月24日にも書き留めていますが)、以前にYouTubeに投稿した映像のことを思い出しました。
 日増しに暖かくなる気温でこの時期の雪は柔らかく、ブルドーザーで押すとバームクーヘン状に丸まっていくのが楽しくて見飽きません。

外国版のどっきりカメラ - 2014.04.14 Mon

( Most Crazy Complex Pranks / YouTube )
 外国のどっきりカメラです。それにしてもいたずらの仕掛けが大がかりですね。作成しているのは"Just For Laughs TV"という番組らしく、これはそのYouTube公式版ということです。公式版というだけあって、従来のものより映像が鮮明になっていますね。

豊平川に集うカモメ - 2014.04.13 Sun

川に集うカモメ
( 豊平川に集うカモメ / 26.4.13 )
 暖かい日が続いているとはいえ、陰地にはまだ雪の残っている豊平川。雪解け水はまだまだ冷たいし、エサになるものは少ないと思われるのにカモメたちが三々五々に遊弋していました。

 カモメは本来海鳥のはずだとウィキペディアを開くと、「漁港にも生息し、漁場や網場などで漁獲物やゴミを漁ることもある。 北海道札幌市では、ビルの屋上や立体駐車場などで営巣し、海ではなく川を生活の場としている個体が多数観測されている」とありました。
 
 こうして写真撮りしてながめると、結構川に似合う鳥のような気がします。川が海よりいいのなら、気兼ねなく大いに羽根を伸ばしてくださいな。

靴を投げられヒラリとかわす - 2014.04.12 Sat

( 靴を投げられヒラリとかわす / YouTubeから )
 ネットサーフィンをしていたら、YOMIURI ONLINEにこんな記事がありました。

 ヒラリー・クリントン前米国務長官は10日、米ラスベガスで講演した際、会場にいた女から靴を投げつけられ、危うく身をかわす場面があった。
 「彼女が私のようにソフトボールをやっていなくて良かった」(Thank goodness she didn't play softball like I did.)と冗談で切り返し、会場の笑いを誘った。女は拘束されたが動機は不明という。


 似たような事件として、2008年ブッシュ大統領(当時)が、バグダッドでの記者会見の際に、イラク人記者から靴を投げつけられた大統領は、見事にそれをかわした後「靴のサイズは28センチだった」などと余裕を見せたそうです。

 また思い出すエピソードとして、レーガン元大統領が凶弾を浴びて快復した後の演説中、会場に飾りつけた風船が破裂し、周囲が銃撃があったのかと勘違いし騒然とすると「奴は、またしくじった」とジョークを飛ばし、聴衆を大いに沸かせたことがあります。

 このような予想もしなかった場でのとっさのユーモアは、欧米人の日頃から培われた素養なのでしょうね。こればかりは、きまじめ一辺倒と言われもする私たちには備わっていない資質だと思います。残念ながら。

今季最後の積雪? - 2014.04.11 Fri

名残雪
( 今季最後の積雪かな / 札幌市中央区 6:30撮影 )
 すっかり解けていた路面も、昨夜来の雪で淡い雪化粧をしました。4月7日は札幌で「積雪なし」になっていたのだけど、その記録は今日に変更になるのでしょうか。

 車庫を出た車1台。足跡は新聞配達人のものかな?などと要らぬ詮索をしていると「うるさいじじい!」とレッテルを貼られそうですので、これでおしまい。

戻ってきた鴨とフキノトウ - 2014.04.10 Thu

鴨とフキノトウ
( 池に戻った鴨とフキノトウ / 中島公園菖蒲池 )
 このところの暖かさで、ここ札幌中島公園の菖蒲池を覆っていた氷も解け始めました。
 気の早い鴨たちも三々五々と戻ってきていますが、まだ藻は採れないのかたたずむだけ。体力の消耗を防いでいるのでしょうか。
 その側にはフキノトウが顔をのぞかせていました。もうすぐ春ですねぇ♪。

春キャンプ始動!? - 2014.04.09 Wed

子どもスポーツ練習開始
( スポーツ少年団の春キャンプ始動!? / 札幌市中央区で / 4月8日撮影 )
 「札幌の積雪なし」が発表されたのが一昨日のこと。このサッカー場では、地区のサッカー少年団と思われるグループが練習をしていました。まだグランドの一部分しか使えませんが、指導者の下で、元気よく体を動かしていました。ボールなしに加え長靴での練習でも、待ちかねた土の感触が楽しいのでしょう、子供たちの大きな歓声が周辺にこだましていました。

  4月12日まで積雪がなければ一昨日の4月7日が正式に「積雪なし」の日になるとのこと。(札幌管区気象台発表情報)

行き交う人々 - 2014.04.08 Tue

旅人
( 行き交う人々 / JR札幌駅構内 )
 私の散歩コースのひとつにJR札幌駅を経由するものがあって、その時は3階の駅構内を見下ろせるベンチで一休みしています。そこから構内を絶え間なく行き交う人を所在なくながめていると、ついついつぶやいてみたくなる一章があります。

 月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり

 そうだそうだ、月日はまことにもって百代の過客だよなぁと、老生のぼんくら頭でもこの文言が理解できそうな気がしてきます。俳聖とよばれる偉人にわが身を重ねる不敬不遜は承知しつつも、妙にこの名文が頭から離れません。
 そんな理由の一つに、終生旅人を見つめているのが白いオブジェの「妙夢」(写真中央)の存在があるのかもしれません。この白大理石の彫刻の作者安田侃氏の言では「夢とも現実ともつかない感覚を抽象的に表現したもの」だそうで、わが心情をチョッピリ感傷的にさせるのです。

 柄にもなくこんな高尚な世界に想いを巡らせていると、急にあてのない旅に出てみたい気持ちに駆られます。春先になってわが頭がちょっぴりセンチになったのかなぁ。(暖かくなると変な奴が出てくるなんて言いますが、私のこと?)(^_^)

子ども一文字展 - 2014.04.07 Mon

子ども一文字展
( 子ども一文字展 / チ・カ・ホで )
 札幌駅前地下歩行空間(チ・カ・ホ)で「子ども一文字展」が催されていました。これは「子ども一文字展実行委員会」というグループが行っているもので、案内紙には「優劣にこだわらない子どもの個性を生かした展示です」とありました。
 たしかに子どもらしいのびのびとした明るい作品の数々は、春らしい明るさを感じさせてくれます。作品の中にはパネルをはみ出しそうな書もあって、まことに溌剌で天真爛漫。私にもこんな頃があったよなぁ、としばし感慨にふけりました。
 併せて家族の書展も展示されていましたが、こちらの方は作品数は少ないものでした。

消費税導入後の商店街風景 - 2014.04.06 Sun

札幌狸小路商店街
( 札幌狸小路商店街 / 26.4.6 1500撮影 )
 新消費税導入後の初めての日曜日。新聞TVでは商店街の買い物客の落ち込み情景をこぞって報道しているので、通りがかりに狸小路商店街に寄ってみました。確かなことは分からないものの、私には何時もと変わらない人出のように感じましたがね。

 そんなことより私の関心事は、ついぞ前には小路の入り口で「カラオケ〜」と中国語で店への勧誘宣伝をしていた人を見掛けなくなったことです。どうしたのかしら?勧誘の成果が上がらなかったのかな?

ネットのジグソーパズル - 2014.04.05 Sat

ジグソーパズル
( ネットの「ジグソーパズル」 )
 ネットで見つけたジグソーパズルです。ピースは117個とほどよい数です。
 フラッシュソフトの吸着という機能を使っているようで、ピースが軽いチャという音とともにはまります。これが心地よく、ついついはまってしまいました。
 写真は最後のピースを置く前に画面キャプチャしたもの。
 このサイトはここにあります。

高画質の映像 - 2014.04.04 Fri


( 高画質の映像 )
 ネットサーフィンしていてYouTubeにも高画質の優れた映像があるものよと感心して見てたら、タイトルに「The Mountain on Vimeo」とありますから元ビデオは高画質を誇るVimeoからのものでしょう。さてはとVimeoサイトを検索したものの、The Mountainだけの用語では7,562件もヒットしたので探すのは断念しました。探し当てればこのYouTubeより高画質の映像を楽しめるのではとちょっびり残念です。
 
 それはさておき、このような素適な映像がパソコンでも感単に見られるとは、インターネットの黎明期には想像もできなかったよなぁと感慨にふけっています。


春の芽生え - 2014.04.03 Thu

福寿草
( 春の芽生え / 札幌市中央区で )
 福寿草が花を開き、クロッカス(写真右側)が顔をのぞかせていました。
 春の芽生えは昨年より早いようです。♪

古い機器に魅せられる - 2014.04.02 Wed

市電の運転席
( 札幌市電の運転席 )
 写真は札幌市電の運転手さんが居ない方の運転席を撮ったものです。操舵パネル(というのかな)に並ぶ無骨なメーターやボタン類がレトロな感じでいい雰囲気を出しています。ところどころの塗装が剥げ、地肌が出ているのがいいなぁ・・・。
 いつの頃からかこんな古い機械が好きになりました。いかにも「私は機械です」然としたありようがたまらなく好きです。
 これは、今様のTV、冷蔵庫、洗濯機などは自動化が進み、人の手で操作することが減ってしまったことへの戸惑いがあるのかもしれません。トイレに入ると便器の蓋がそろりと開くのは「そこまでやるか」とついつい口走ってしましますもの。

 話しは脱線しました。(市電のことじゃないですよ)
 要は「古いものに惹かれるのは歳を取った証拠」という自虐結論でおしまい。

エイプリールフール記事 - 2014.04.01 Tue

エイプリールフール恒例記事
( 今日は、4月1日 )
 毎年ネットなどを笑いに包むエイプリールフール記事が好きで、朝からネットサーフィンを続けています。写真の記事はマイクロソフトのWindous XP延長サポート終了に引っかけたもので、ご丁寧に壁紙を焼き尽くす画像も添えられています。興味にある方はここをどうぞ。

 これらのエイプリールフール記事、どうも最近は切れ味鋭い記事が減ったなぁと思っていますが、これは記事を信じて文句をいう読者がいることも関係しているとか。
 ユーモアが日本に定着しない理由の一つに、真面目な国民性にあると分析している識者もいますがどんなもんでしょう。私は、日頃の仏頂面とは裏腹に冗談は大好きですがね。私が日本人の尺度外にあるのかもしれませんが、、、まぁそんなことどうでもいいや。

 今でも鮮明に思い出すことがあります。私が中学生の頃、NHKラジオが正午の時報を流すとき「只今から本当の正午をお知らせします」とアナウンスしたことです。その後こんな放送を聴いたことがありませんので、もしかしたらあのときのアナウンサーは、お偉いさんから「真面目にやれ!」と叱責されたのでしょうか。

 などと色々のことがカボチャ頭を巡る4月1日。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR