title

2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きんぐさり」の花 - 2014.05.31 Sat

きんぐさり
( きんぐさり / 札幌中島公園で 26.5.30 )
 ひときわ際立つ色で咲き誇っている金鎖 (きんぐさり)の花です。別名を黄花藤(きばなふじ)、ゴールデン・チェーン(Golden chain)というそうな。まことにもってそのとおりの花の名で、「金色の鎖」→「ゴールデン・チェーン」→「黄色の藤」と連想すれ覚えやすくて大変よろしい。(^_^)
 それはともかく、花辞典には「全体にアルカロイドが含まれており有毒植物」とあります。「きれいな花には毒がある」っていうけど、これまた色々と連想させてくれ、私には興味の尽きない花とはなりました。

 閑話休題。閑人にしては何だかんだと出歩くことがあり、あっという間の5月でしたわ。
スポンサーサイト

彩雲 - 2014.05.30 Fri

彩雲
( 彩雲 / 26.5.29 10:40 札幌中央区上空 )
 彩雲を初めて見ました。10分ぐらいはたなびいていましたから多くの人が気がついたようです。ラジオでは「きれいな虹色の雲が出ています」というリスナーからのレポートが紹介されていました。
 ネットの解説記事には、「日の高い季節の昼間に太陽の下方に現れるやや上に反った水平な虹色の弧が彩雲として参照されることも多いが、これは「環水平アーク」と呼ばれる現象で、雲の中の氷晶により見られるものである」とあります。

 取り立てて騒ぐほどの天体模様ではないらしいんですが、私には初観測の初撮影。という次第で少しばかり自慢したくなりブログへの掲載と相成りました。

ーーーーーーーーーーーーー

 補記:新聞報道で知ったので追記します。(26.5.31)
 「これは【環水平アーク】と呼ばれ、大気中の氷粒に太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える光学現象である。彩雲と呼ばれる場合もあるが、回折により見られるいわゆる彩雲とは別の現象である」とのこと。
 一つまた知識が増えました。直ぐに忘れるけど・・・。

「だったり」という表現 - 2014.05.29 Thu

「だったり」
( 「・・・でだったり」 / 26.5.28読売新聞朝刊から )
 新聞記事の中に違和感のあることば遣い、「でだったり」が目についたので取り上げます。
 これは確かに真っ当な日本語であるし、日常的に遣われてはいます。だとしても、あまりに砕け過ぎた表現で、新聞記事の文脈からしてもそぐわないと思います。
 これは若い世代が「だったりぃ〜」と語尾上げして話すのに、私が嫌悪を感じているからなおさらですが、浮薄とは言わないまでも軽佻な印象を受けるのです。
 私には「だったり」という言い回しが嫌なのに、「で」という格助詞を付けているのでさらに不快感がつのります。ここは簡潔に、「100円ショップや庶民的な居酒屋などでだ。」で十分だと思いますがね。

 という次第で、本日は素人が物書きのプロにいちゃもん付ける快感を味わいながらブログを終わります。

ヒーローキャット - 2014.05.28 Wed


( ヒーローキャット / YouTubeから )
 このネコちゃん、子どもを助けたヒーローキャットとして全米で評判になり、先般は大リーグの始球式にも登場したそうです。
 
 事件は、自転車で遊んでいた4歳のジェレミー君が突然犬に襲われ、それを察知した少年の家の猫「タラ」ちゃんが、自分よりはるかに大きい犬に勇猛果敢に体当たりして凶暴な犬を撃退し助けたのです。
 この感動的なシーンは、数台の防犯カメラに映った事件の全貌をジェレミー君の父ロジャーさんが編集したものだそうです。〝全米が涙した〟という感動的なシーンをどうぞ!

新型低床車両同士のすれ違い - 2014.05.27 Tue

新しい市電増える
( 新型低床車両同士のすれ違い )
 昨日のこと、札幌の新しい市電「新型低床車両」に乗っていたら、前方から特徴のある白色の前照灯を灯した電車がやってきました。あれっ、今私が乗っているのと同じ新型車じゃないか!そう言えば今月から新型車は3台が運行すると新聞報道がありましたっけ。
 急いでカメラを取り出しともかくパチリ。冴えない写真ですが、新型低床車両同士のすれ違いを撮ったぞという証左に。

初めての飛び石(?) - 2014.05.26 Mon

無心に遊ぶ子ども
( 無心に遊ぶ子ども / 札幌市創成川で )
 このお嬢ちゃん、飛び石を上手く超えられるのが余程うれしかったのでしょう、母親に「帰りましょう」と促されても、喜々として飛び跳ねこの場を離れようともしません。

 思い出しています。
 私が初めて「ちっちっぱ」を上手くできるようになったとき、うれしくて母親が呼びに来るまで薄暗い校庭でひとりで遊んでいたっけ。そして、初めて竹登りができたとき、初めて自転車に乗れたときの新鮮な喜びは、ボケ始めた私のカボチャ頭にもまだ残っています。
 こんな些細なことを覚えているのは、きっと脳みそには強烈な出来事として刷り込まれているのでしょうね。
 この歳になると、初めてできるようになったなどという事柄は皆無ですから、脳細胞に刺激を与えることはなくなりました。嗚呼!

大道芸人 - 2014.05.25 Sun

大道芸人
( 大道芸人 / 札幌市中心街で )
 黒装束で交差点の縁石に立ち、ロボットのような動きをしている人がいたので、思わずカメラを向けたら両手をクロスさせて「駄目」とのマイム。そして、下のバッグを指してお金を要求する仕草。
 あっそうか、と合点して小銭をバッグに入れたらポーズをとってくれました。大道芸人は投げ銭で生計を立てているのだから当然のことではあります。

 とは言うものの、大道芸といってもこの人の演技はジャグリングなどの高度な技ではなく、誰にでもできそうな装束と演技です。「それでお金を要求するの?」と一瞬思ってみたものの、それならお前にやれるのかと問われれば、私は恥ずかしくて絶対にできません。そういう意味では一芸を持ったタレント、繁盛を祈念します。

さわやかな青年 - 2014.05.24 Sat

ハトと遊ぶ青年
( ハトと戯れる好青年 / 札幌大通公園 )
 ハトも安心できるヒトが分かるのでしょうか、青年の膝や肩に上ってのどを鳴らしていました。私のような仏頂面だと、よしパンくずを持っていてもハトちゃんは「はやく餌を投げろ」とばかりに首を振りながら足下を回るのがせいぜい、なかなかお近づきにはなれません。

 カメラを向けるとどうぞとポーズをとってくれた君は、笑顔の素適なナイスガイ。春のさわやかな空気を届けてくれた若者にありがとう。そしてハトちゃんもたぶんクックックッ!

ライラックの花 - 2014.05.23 Fri

ライラック
( ライラック / 札幌大通公園 / 26-5-22 )
 札幌ではライラックが満開です。折から催されている「さっぽろライラックまつり」は明後日の日曜日までで、大通公園会場ではそれなりの賑わいをみせていました。
 昨年は寒くて、このフェスの期間には花が咲かず「ライラックつぼみまつり」と揶揄されていたのが嘘のよう。
 
 北の地では、桜の開花に続きこのライラックの花が咲いて、ようやく半年余りの長い冬から身も心も開放されます。

街角の郵便ポスト - 2014.05.22 Thu

街中の〒ポスト
( 街角のポスト /札幌市澄川で )
 街中に最近立てられた新しい郵便ポストがありました。写真ではよく分からないものの、住宅街の角地に、しかも45度の角度で立てられています。これじゃ車の運転の邪魔になるのではとか、大きな荷物を持って歩道を通過するには気を遣うなぁなどと一瞬思ってしまいました。
 とはいうものの、ポストの配置に当たっては十分な検討を加え、かつ関連法令などもクリヤーし、地域住民の方の利便性を考慮した結果であることは自明の理。私なんぞの部外者が「なぜ?」などと思うことすら失礼千万でした。(m_m)

 それにしてもこのポストが目立つのは抜群、思わず手紙を投函してみたくもなります。
 このことから連想するのは、「最近は親類との連絡も携帯メールがもっぱら、手紙を書くのは年賀状だけになってしまったなぁ」という日常生活の変化。今年は、しばらく書いていない暑中見舞いでを出しますか。

気持安らぐCM - 2014.05.21 Wed

( ほほえましいCM / YouTubeから )
 先日18日の日ハムーロッテ戦で九回に逆転負けしたとき、気分を紛らわそうとパソコンの前に座って偶然このCM動画にたどり着きました。
 見ていると、たちまち気持ほっこり!私の精神安定剤としてお気に入りファイルに追加しました。(^_^)

錆で紛らわしい標識 - 2014.05.20 Tue

紛らわしい標識
( 紛らわしい標識 )
 札幌市の中心街にある案内標識です。2年ほど前、私がまだ札幌の市街地に不案内なころに町歩きをしていて道に迷った原因がこの標識。その時は薄暗いこともあって「南15・西15」と読んでしまったのです。
 何だそんなことだったのかと納得してこの界隈を見て回ると、大方の標識にこのような止めビスの錆が出て「1」の数字が付いていました。たぶん同じ規格で同じ頃に設置した標識ですから同様の錆が浮いたのでしょう。
 私の弱視を勘案しても何とも煩わしい錆ちゃんですわ。

ジャスミン - 2014.05.19 Mon

ジャスミン
( ジャスミン )
 昨日の映画「ブルージャスミン」に引っかけたのではないですが、偶然知人からジャスミンが送られてきたので紹介します。花のほのかな香りが部屋中に漂って、まことに心地よいものです。
 
 カメラに写った花のバックを整理しようと、写真のコントラストを強くしたら白が飽和して花の細部がつぶれてしまいました。RAW撮りで現像すれば飽和を回避できそうですが、私はその技量を持ち合わせていないので安直な画像処理でチョン。(苦)
 ともかくジャスミンの香りが素適という紹介で本日のブログは終了デス。

ブルージャスミン - 2014.05.18 Sun

映画「ブルージャスミン」
( 映画「ブルージャスミン」 / 公式サイトの予告編から )
 この映画は、上流社会で贅沢三昧の日々を過ごしていた一人の女性が、夫の失脚とともに生活の全部を失って貧しい日々に転落するという物語です。
 過去の栄光と生活費に困る現在のシーンが交互に描かれ、当初はその画面展開に混乱たものの、やがてその鮮やかに描写にすっかり引き込まれました。写真はこの映画の核心的なシーンで、私はここで完全に打ちのめされました。
 転落しても彼女のプライドは高く、現実逃避の嘘を重ねて追い詰められていくようすが、深刻にそしてコミカルに描かれています。この皮肉とちりばめられたユーモアは、もうウッデイ・アレン監督節全開でした。

 それにしても、主演女優(ケイト・ブランシェット)が公園のベンチでたたずむラストシーンの表情は、虚栄の日々から奈落に落ち込んだ現実を見事に語っています。この場面だけでこの映画の全部を語っている監督の手腕とケイト・ブランシェットの演技に脱帽です。
 大作ではないけど、ピリッと辛い作品。好きだなぁこんな映画。

古木 - 2014.05.17 Sat

古木
( 古木 / 札幌市鴨々川上流 )
 大きなポプラだなぁと感じてはいましたが、近くで見るとその存在感は圧倒的で威厳すら感じます。幹に深く刻まれたひだは、「歴史を感じる」などという安直な表現をせせ笑っているかのようです。
 どだい私が如き隠居人と生きてきた年月が違いますわ!

ヤエザクラ満開 - 2014.05.16 Fri

ヤエザクラ
( ヤエザクラ満開 / 札幌中島公園 / 26.5.15 )
 ヤエザクラが満開となりました。桜シーズンのとりを取るにふさわしい艶やかな花びらを幾重にもまとって咲き誇っています。
 接写するとまことに秀麗眉目、まことに八重桜です。

 などとヤエザクラに再登場を願ったのは、企図したブログ用の写真が上手く撮れなかったためです。出しにしてゴメンネ桜ちゃん。

横断歩道のカラー塗装 - 2014.05.15 Thu

交差点のカラー塗装
( 横断歩道のカラー塗装 / 札幌市北18条西1丁目交差点 )
 横断歩道に薄いえんじ色の塗装をしている交差点がありました。交通料の多いところなどで、視認性を高める試みとして緑や青色の路上塗装が新聞などで紹介されることがあります。
 
 このような塗装の規格化までには、費用対効果や街の景観など総合的な検討がなされるのでしょうが、目立つことは確かです。私のような漫然として町歩きをしている者にも「これ何?」と思わず立ち止まりましたから。

木陰にまどろむ - 2014.05.14 Wed

まどろみ
( 木陰にまどろむ / 某公園で )
 春の柔らかい日差しはほんとうに気持ちのよいもの。地面に寝転んで空を仰ぐと身も心も大きな開放感で満たされます。
 私も一瞬寝転んでみようかと思ったものの、止めました。たぶん気恥ずかしさからうたた寝もできないでしょうし、腰をさすりながら起き上がるのが落ちですから。

 昨日は桜前線が根室にも到着した由。いよいよ北海道にも気持ちのよい季節がやってきました。

緑の館 - 2014.05.13 Tue

ゼラニューム展
( 豊平公園緑のセンター )
 札幌豊平公園内にある「緑のセンター」はいつ行っても緑を楽しむことができます。ここでは、ガーデニング全般から洋ランや盆栽などの講習会や展示会を頻繁に催しています。また、建物内には休憩所や資料室など、くつろげるスペースもあります。
 写真は「ゼラニューム展」の様子ですが、展示即売も行っており何色もの鉢を手に育て方のアドバイスを受けている方もいました。

北海道内は一気に「夏」 - 2014.05.12 Mon

riverside
( 5月の涼風に憩う / 26.5.11 / 幌平橋付近で )
 昨日の北海道内は高気圧に覆われ、各地で25度を越す夏日になりました。
 この日は日曜日とあって、ここ豊平川河川敷でもお弁当を広げるたくさんのグループを見掛けましたが、一気にやって来た暑さに日陰を求めて橋の下に移動する人たちもいるほど。私も汗をぬぐいながらの散歩で、たまらずこの橋の下で休憩。川面からの涼風はほんとうに心地よいものでした。
 
 昨年のこの時期は「今年の春は寒いですねぇ」が合い言葉だったことを思い出します。

シダレザクラ - 2014.05.11 Sun

しだれ桜
( シダレザクラ / 札幌中島公園 )
 中島公園のシダレザクラです。この公園の桜は種類が多く、2週間は楽しめるのがいいですねぇ。
 大きな木に垂れ下がる花はまことに豪華、そしてこの写真のような小ぶりなものも繊細な風情があってこれまたよろし。

ユニークなデザインのバス - 2014.05.10 Sat

園児送迎バス
( 通園バス / 札幌市豊平区で )
 幼稚園児が通園するバスです。ともかく目立ちます。こんなバスだと新入園児も喜んで乗るはず、家庭離れをさせなければならない親御さんも大助かりでしょうね。
 
 思い出します。
 私の子供時代、当時キャラメルを作る会社(現カバヤ食品)が宣伝カーとしてカバをかたどった車を作りました。当時としては考えられもしなかったユニークなもので、カバヤ社長の英断と大きな話題になったものです。その「カバ車」が本社の岡山から、私の住む四国の田舎まで巡回したときには沿道で待ち受け手を振って歓迎したっけ。
 そのなつかしい「カバ車」の様子がここにあります。
 カバヤキャラメルかぁ、、、子供の頃の思い出がいっぱい詰まっています。

ヤエザクラ - 2014.05.09 Fri

ヤエザクラ
( ヤエザクラ / 札幌市豊平区で / 26.5.8 )
 ヤエザクラは桜シーズンの終わりに咲く桜で、比較的長持ちすることぐらいしか知りません。早速ネットで調べてみると;
 「八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称。特定の品種の名ではない。多くの品種があるが、とりわけよく見る品種としてはカンザンやフゲンゾウ、ヤエベニシダレなどがある」(ウィキペディア)とありましたが、はたして写真の桜は何という品種なのかは分かりませんでした。分からないので、ヤエザクラと仮名書きしておきます。

 ともかく「これが咲いて桜のシーズンは終わります」ということで終わります。

日没 - 2014.05.08 Thu

サンセット
( 日没 / 左サイドの高い山が手稲山 )
 私の青年期はいわゆる裕次郎世代。娯楽の筆頭は映画で、日活映画にヒーローを見い出して陶酔していましたっけ。憧れのスターの格好つけた言い回しが流行ったのもその頃。「沈む夕日が真っ赤だぜ」というところを「紅い夕日が真っ赤だぜ」と、田舎の山間に沈む夕日につぶやいた友を思い出します。気障だったけど気のいい奴だった、元気にしているだろうか。
 
 沈む夕日は、無粋な私をも感傷的にさせてくれます。「紅い夕日が真っ赤だぜ」・・・色々のことを思い出す日没の景色。

さっぽろ園芸市 - 2014.05.07 Wed

さっぽろ園芸市
( さっぽろ園芸市 / 札幌中島公園 )
 札幌の春の幕開けイベントともいえる「さっぽろ園芸市」が、5月3日~22日の間、中島公園自由広場で催されています。今年で62回にもなるそうですから、市民にはもう馴染みの園芸市のようで、会場のそこかしこで旧知同士の会話があったり、販売主との和やかなやりとりが聞かれます。

 私は現在、庭のない住まいとなってガーデニングには縁のない身になってしまいました。苗木を求める人がうらやましくて仕方ありません。

日刊スポーツ豊平川マラソン - 2014.05.06 Tue

豊平川マラソン
( 日刊スポーツ豊平川マラソン / 26.5.5 / 7.7km付近 )
 5月5日のこどもの日、豊平川河川敷を大勢のランナーが走っているのを見掛けて対岸から撮影。ネットで調べると「日刊スポーツ豊平川マラソン」でした。
 この大会は、3kmからハーフまでのコースで、参加資格も小学生からエントリーできるなど気軽に参加で、しかも北海道では屋外スポーツの始まりを告げるイベントとして人気のようです。そうそう、昨年はあの公務員ランナー川内優輝選手も走って話題をさらったことを思い出しました。
 
 今年の札幌は春の訪れが早く河川敷の緑も鮮やかで、ランナーの皆さんは気持ちよく走れたことでしょう。大会の公式ホームページはここにあります。

春爛漫 - 2014.05.05 Mon

春を謳歌
( 春爛漫 / 札幌中島公園 / 26.5.4 )
 今年のゴールデンウイークは桜がちょうど見頃を迎え、天候にも恵まれて言うことなし!

満開の桜の下で結婚記念撮影 - 2014.05.04 Sun

m挙式の記念撮影
( 挙式前の記念撮影 / 札幌護国神社で )
 護国神社の境内で、挙式を前にして記念撮影をしているカップルに出会いました。撮影を見守っているスーツ姿の方から「どうぞベストショットを」と言われましたものの、そうもいかず遠くから撮らせてもらいました。

 新郎新婦の白と黒、そして巫女さんの赤の衣装が境内の緑に調和して鮮やかなコントラストをかもし出していました。お二人の背景には満開の桜、門出にふさわしい素適な記念撮影になったと思います。
 初々しい素適なカップル、末永くお幸せに。

街中の仏像 - 2014.05.03 Sat

街中の仏像
( 街中の仏像 / 国道36号線月寒通り )
 仏具店の建物屋上にある仏像です。高いビルに挟まれてちょっと気の毒な気もしますが、そんなことはお構いなくといつも悠然とお立ちになっています。
 車でここを通過している方には、なかなかお目にかかれないでしょうから紹介させていただきます。

 ストリートビューでこの「仏像を見ることができます」
 このストリートビュウ画像の何枚かには、仏像のお顔に「ぼかし」が入っています。コンピュータ処理だから仕方ないにしても、まさか仏様がプライバシー侵害だと訴えることもないでしょうにと愉快になります。(^_^)

変わった雲 - 2014.05.02 Fri

雲
( 変わった雲 / 大通公園から 26.4.27 16:15 )
 おもしろい紋様の雲が出ていましたのでパチリ。飛行機雲のような明るい帯状の雲が東西にたなびき、そこを境に明暗もくっきりと区分けされていました。
 
 このとき時の天候は、曇ったり日が差したりと短い周期で変化する空模様でしたから、気圧の谷でも通過していたのかなぇ、確認していないけど。暗い部分が北から寄せる寒気で、高気圧とせめぎ合っている部分が帯状のところでしょうか・・・。
 などと知ったかぶりしても、所詮は半可通の解説。「妙ちくりんな雲が出てましたよ」という無難なコメントで、本日のブログはおしまい。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。