title

2014-08

北海道マラソン - 2014.08.31 Sun

2014北海道マラソン
( 幌平橋を通過するマラソンランナー / 26.8.31 09:25 )
 今年の北海道マラソンも好天に恵まれ、大勢のランナー(昨年は11,515人)が健脚を競いました。
 小生、昨年の大会では幌平橋のアーチの上から写真取りをしましたが、選手団の通過であの大きな橋がゆっさゆっさと揺れるのにびっくりしたものです。

 写真の集団は、トップグループが通過後20分を過ぎた頃のもの。1万人という人数のすごさに圧倒されます。

スポンサーサイト



古い壷 - 2014.08.30 Sat

壷
( ふるい壷 / 札幌市ススキノで )
 路地裏で無造作に置いている壷に出会いました。何に供し、何故に放置しているのか知る由もありませんが、妙に惹かれるものがあります。
 友人に骨董屋を営んでいる男が居て、「古い壷なら何でもいい、ながめていると気持ちが落ち着く」と言って私にはがらくたにしか見えない壷を愛でていました。2年前に店じまいしたけど、結構壷を目当てに足を運ぶ骨董好きがいたようす。

 なんだか最近、「がらくた」とこき下ろしていた古物に目が行くようになりました。骨董屋だった彼の心境が少しだけ分かるような気もしてきました。どうも我が身を、朽ちたものと重ね合わせるのです。
 歳か、、、やだやだ。

風にそよぐコスモス - 2014.08.29 Fri


123
( 風にそよぐコスモス / 豊平川河川敷 )
 風にそよぐコスモスです。
 とは言うものの、現実味に欠ける失敗作。でも載せます。せっかく作ったものだしブログ用の写真に事欠いていますから。(m_m)

「 赤れんが テラス」広場 - 2014.08.28 Thu

赤煉瓦テラス
( 「 赤れんが テラス」広場 / 26.8.27 )
 8月28日「 赤れんが テラス(Akarenga TERRACE)グランドオープン」という報に引かれ、昨日写真取りしてきました。この広場については、以前もこのブログに書き留めたこともあり、今更ながらにの感はあるものの妙に魅せられるものですから。
 
 前日でないと、赤煉瓦を敷き詰めた広場の空気感は感じられないだろうとの思惑で行ったらドンピシャ!今まであった広場のテントなどが全部取り払われ、何もないきれいな空間が広がっていました。ビル側には食卓テーブルと椅子、パラソルが並べられて洒落た雰囲気です。
 この辺りは、赤煉瓦庁舎と相まってモダンで古風な空間として人気沸騰の予感がします・・・私だけの思い入れれかな。

たぶん野良猫 - 2014.08.27 Wed

野良猫2
( ノラちゃん(?) / 札幌中島公園で )
 中島公園内を流れる鴨々川の法面(のりめん)にうずくまっているネコちゃんです。たぶん野良ちゃんだと思いますが、カメラを向けてもじ〜とうずくまったまま。私とは5メートルくらいの距離がありますから、安全としているのか人を恐れないのかともかく石の上から動きません。視線は小生に向けたままですから警戒はしているのでしょう。何を考え何をしているのか、私には知る由もありませんが。

 野良猫といえば、BSで放映している「世界の猫歩き」をすぐに思い起こします。この猫も、テレビで見る世界中の猫のように、きっとたくましくそれぞれの猫人生を歩んでいるのでしょう。そう願っています。

壁を覆うツタ - 2014.08.26 Tue

ツタ
( 壁を覆い始めているツタ /札幌市中央区で )
 ツタが壁を覆い始めているというだけの写真ですが、見方によっては面白い造形かなぁと思って撮りました。とはいうものの、切り取ってPCで改めて見つめ直すと別にどうってこともない、ごくありふれた風景です。
 ま、それでもいいや、ブログ写真のタネが尽きたもの!

犬と猫と赤ちゃんと - 2014.08.25 Mon

( 犬と猫と赤ちゃんと / YouTubeから )
 犬と猫と赤ちゃんが戯れるシーンを集めた動画です。私はこのようなほのぼのとしたものが好きで、よく見ています。
 それにしても最近アップされた動画は鮮明で、見るのが楽しみです。知人はテレビで楽しんでいるそうですが、わたしのテレビもたしかYouTubeに接続する機能があるはず、確かめてみようっと。

動と静の錯綜 - 2014.08.24 Sun

123
( ちょっと怖い壁画 )
 JR札幌駅の西コンコースにある大きな壁画に、ちょっと失礼ながら悪戯しました。
 絵の下を行き交う人は写真ですから当然静止しています。それに比して動かないはずの絵が動くという錯綜が、面白くもありまた不気味でもあります。
 (作品は、田村能里子氏の「白い風のソナタ」。縦2.87m、横8.13mの大作です)

デザインを優先したエスカレーター配置 - 2014.08.23 Sat

ビッセのエスカレーター
( 大通BISSE内のエスカレーター )
 札幌市の中心部に位置する大通BISSE内のエスカレーターです。この建物内のエスカレーターの幾何学的紋様に配されたデザインが好きで、ちょいちょい乗って楽しんでいます。百貨店のように利便性を優先した配置ではないので、乗り継ぎで階を上下する分には少々不便であるものの、そこはデザインを優先したというところでしょう。まぁ、このような遊び心のある造りもあっていいと思いますよ。何もかも機能優先では、無機質な空間になってしまいますもの。

気ままに絡む蔓 - 2014.08.22 Fri

ふじの蔓
( 藤棚の蔓 / 札幌月寒公園で )
 月寒公園の藤棚です。この時期は葉が棚を覆って陽を遮ってくれますので散歩の途中の一休みには絶好の場所を提供してくれます。

 それにしても、藤の蔓は不思議な形をして伸びるものだなぁとつくづく思います。もちろん成長にしたがって人の手で棚に這わせてもいるのでしょうが、気ままに絡まっているものもあります。解説書には、藤蔓は右巻き(上から見て時計回りに見える巻き方)で絡んでいくとありますが、写真のものはかなり個性的です。蔓にも「ほかと同じではイヤ」と個を主張する輩もいるのだなぁと妙な親近感を覚えてしまいました。

飛行船 - 2014.08.21 Thu

飛行船
( 飛行船 / 札幌上空 26.8.17撮影 )
 飛行船「スヌーピーJ号」がまた飛来しています。札幌と小樽を飛行するのは明日までとのこと。
 飛行船の運用経費は莫大らしいですが、それを上回る宣伝効果があるのでしょうね。だって大人から子どもまで見上げていますもの。

 どんなに落ち込んでいても、
 きれいに澄み渡る青空を見れば、元気になる。
 元気が出て笑顔が戻れば、ちょっといい一日になる。
 ちょっといい一日が積み重なれば、かけがえのない人生になる。

 (同社のHPから引用、うまい宣伝文句だなぁ!)

ネットCMが人気 - 2014.08.20 Wed

( ネットCMが人気 / YouTubeから )
 昨日の読売新聞夕刊のトップ記事に「ネットCMが人気」と大きな活字が躍っていました。記事は、最近はネットCMだけで十分なPR成果を得ているとする企業もあり、また一方ではテレビCMでも放映終了後もネットで放映を続けるなど、ネットCMに対する企業の関心が高まっているというもの。
 その記事中に、アクセス200万回にも達している人気CMとして紹介されていたのがこのサイト。内容は、小生の涙腺もいささかに目頭が熱くなった佳作であることだけをお伝えして、全く別の「翻訳サービス」のことに移ります。

 このCMへの反響コメントには、外国人のものもたくさんあります。まぁ、英語は何とか意味は分かりますし、中国語も漢字から意とするところは読み取れます。
 ですが、次の言語は私に取っては火星人の文字?ぐらいにしか見えません。ですが、これをネットの翻訳サービスを利用すると概要ぐらい掴めるのです。特に「google翻訳」は何と80の国語に対応してるので重宝しています。(しかも当該言語での読み上げ機能も付いています)
 早速、次の文字をコピペすると「タイ語」と分析して翻訳してくれました。コメントの内容は、タイ語圏内への人たちにこのCMの紹介をしているのだなと理解できました。

【言語】
 สุดซึ้งจากโรงเรียนสอนดนตรีของญี่ปุ่น!! จะเกิดอะไรขึ้นเมื่อคุณพ่อคนนี้ ภรรยาเพิ่งเสียชีวิตไป และลูกสาวกำลังจะแต่งงาน เค้าจะทำอะไรในวันงานแต่งงานของลูกสาวตัวเอง.. 
【翻訳】
 深く日本の音楽院から!あなたのお父さんのときはどうなります。彼の妻は死亡していたそして、娘が結婚している私は彼の娘の結婚式の日自体に何でもします...

蛇足:「翻訳サービスに感謝します」を中国語・英語・タイ語に翻訳してみました。
 我感谢翻译的服务!
 I would like to thank the service of translation!
 ฉันขอขอบคุณที่ให้บริการของการแปล!

廃屋に咲く花 - 2014.08.19 Tue

廃屋に咲く花
( 廃屋に咲く花 / 札幌市中央区で )
 まだまだ住めそうな社宅であっても、時代の流れには抗せなかったのか放置されたままになっています。コンパネを張ったままの建物の周りは、雑草がわが世の春を謳歌して伸び放題。
 そんな中に咲く花は、きれいであっても何故かもの悲しさが漂っています。きっと、廃屋めいた建物の印象が重なるのでしょう。
 同じ花であっても、咲く場所が違うと随分と印象も変わるもの。物の哀れを感じます。

ビルの窓清掃 - 2014.08.18 Mon

ビルの窓清掃
( ビルの窓清掃 / 札幌市中央区で )
 ちょいちょい目にするビルの窓ガラス拭き作業のようすです。昨年10月にもこのブログにも載せたけど、今回はゴンドラでなくロープに身を託しての単独作業で、こちらの方はゴンドラに比してかなりの熟練を要しそうです。
 
 その手慣れた作業は見ていて飽きません。体を意のままに移動させて左の窓から右側へと一気に進み、あっという間に下の階へ移動します。その間、洗剤ブラシ・水切り・仕上げの用具を腰に巻いた容器に出し入れするのですが、その動作一つひとつが実にスムーズで、これがプロの技かと惚れ惚れします。
 見上げていると首が痛くなりました。(^_^)

夏場の散歩は暑い! - 2014.08.17 Sun

リラックス
( 夏場の散歩は暑い! / 札幌市すすきので )
 飼い主の膝に乗り、扇子を扇ぐ風でリラックスしているワンちゃん。散歩の途中こうして休憩をねだるのだとか。その飼い主を信頼しきったかわいい表情をパチリ。
 名前は「ピコ」ちゃん、♀12歳のダックスフント。何時までも元気でね。

飲食店の看板提灯 - 2014.08.16 Sat

”ぶあいそ”の看板提灯
( 飲食店の看板提灯 / 札幌市内で )
 写真は、「ぶあいそ」という飲食店の看板提灯です。しかもこの提灯、店の入り口上方の壁に取り付けられているので側を通っても見逃すかもしれません。とはいえ、通りの反対側からは街路樹の陰に提灯が浮き出てひときわ目立ちます。私はこういう意外性のある意匠が好きだなぁ。
 「ぶ」と大きく書いた看板は黒い壁に調和して一度見たら忘れなれないもの。しかも”ぶあいそ”という名は、店の禁句を逆手に取ったもので強い印象を残します。
 きょろきょろしていたら「どげんしたとね」と問われそうな雰囲気。流石に博多生まれのお店、インパクトがあります。
                               

ユニークな雲 - 2014.08.15 Fri

面白い形の雲
( ユニークな雲 / 26.8.14 12:00札幌市街地上空 )
 面白い形の雲が伸びていましたのでシャッターを押しました。
 下層の積雲は南北に伸びており、当時の風向きからも理解できますが、この東西に伸びる雲はほぼ同高度であるのに、どうして90度の方向に発生したのかな?などとチョッピリ疑問にも思います。飛行機雲の名残にしては高度が低すぎますし、第一この場所を通過する飛行機などありませんから不思議です。

 閑話休題。
 昨日20時過ぎ、地下鉄福住駅で日ハムのユニホームを着た年配の紳士に出会い「もうドームからお帰りですか?」と声をかけたら、「斉藤が3回で5点も入れられましてね、がっかりして帰る途中です」とのこと。地下鉄に乗車までの間、しばしの野球談義をして分かれたのですが、帰宅してテレビを見たら日ハムの大逆転劇が繰り広げられていました。
 あの”憤慨紳士”の気持ちや如何に。(^_^)

街路樹の剪定作業 - 2014.08.14 Thu

街路樹剪定
( 街路樹の剪定 / 札幌中央区で )
 街路樹を剪定(せんてい)をしているところによく出会います。木々が坊主刈りになっていくさまは、なかなか清涼感があっていいものです。

 ネットで得た知識では、剪定で枝などをはらって木の形を整えることを整枝(せいし)というそうです。この見た目に美しく、そして木に活力を与えるために行う技術には、結構年期を重ねる必要があるとか。なんでも街路樹剪定士という資格もあるそうで、仕事にはそれぞれ奥深いものがあることを改めて知りました。

日ハムの選手と読書の企画展 - 2014.08.13 Wed

日ハム展「グラブを本に持ちかえて」
( 日ハムの選手と読書の企画展 / 札幌市中央図書館で )
 北海道日本ハムファイターズ選手が読書の魅力を伝えようという、「読んだ!打った!勝った!選手のお奨め本とともに」と題した企画展が札幌中央図書館で始まっています。オープンの11日には栗山監督も来館したそうです。
 
 展示室では、選手の愛読書が推薦文を添えて展示されており、注目の大谷選手の愛読書は「ステリーブ・ジョブズ」でした。コメントには「新しいことに挑戦し続ける精神に感銘を受けました」というような趣旨が書かれていました。そうだ!二刀流は新しいことへの挑戦だもの、本懐を遂げてほしいと思わずエールを送りました。
 このほか、選手たちが本を読んでくつろいでいる姿を撮影したパネル展も開催されており、結構日ハム選手たちの新鮮な側面を伝えてくれています。
 同館でのこの展示は9月28日まで。

木陰でくつろぐ - 2014.08.12 Tue

木陰で一休み
( 木陰で休む / 札幌市中島公園で 8.11午後 )
 木陰で時折のそよ風に身を委ねると、ほんとうに心地よいもの。ベンチの男性は手元を見つめて一心不乱、スマホを見ているのか読書中なのか遠目には分かりませんものの、のんびりした時間を過ごしているようす。
 札幌の夏の暑さも盛りを過ぎたようです。

市電の車内改札口で - 2014.08.11 Mon

札幌路面電車
( 札幌市の路面電車 )
 先日のこと、市電を降りる際改札の機械の前で年配の女性と乗務員のやり取りが、3人ほど後ろに並んで改札を待っている小生にも聞こえてきました。

 その女性は乗車カードが見当たらないようでハンドバッグを広げて中を探しています。乗務員が「現金でも結構ですよ」と声を掛けると「はい」と言って今度は財布と取り出すものの、どうやら万札しかなく両替もできない様子。慌てているその女性に乗務員は言いました。
 「今日はいいですよ。次に乗った際、2回分払ってください」。
 年配の女性は「はい、間違いなく今度お払いします。ご迷惑をお掛けしました」abeと礼を述べて電車を降りました。

 後ろで待っていた私は、乗務員の現実的な対応(厳密には業務違反でしょうが)に納得。さわやかな気分になって市電を降りました。


ゴミ箱が満杯ですよ! - 2014.08.10 Sun

ゴミ箱
( コンビニ前のゴミ箱 / 札幌市内で )
 通りすがりのコンビニの前に置かれているゴミ箱です。この業界は、本部からの指導員が各チェーン店を巡回して、店舗の運営や管理、外観などに統一性を持たせるよう細かな指示をしています(知人のコンビニ店主談)から、このような事態はちょっと考えられません。
 
 たまたま店前を通りかかった集団がゴミを無理矢理ねじ込んでいった直後で、店のゴミ処理が間に合わなかったのかもしれませんが、あまり目にしたくない光景ではあります。

噴水と子ども - 2014.08.09 Sat

噴水と子ども
( 駆けっこ / 札幌大通公園 8.8 16:30 )
 大通公園の噴水の周りで遊ぶ子どもの姿が、傾いた陽を受けてまぶしく輝いていました。気温25度、札幌の暑さのピークはもう過ぎたと思います。

新旧電車のすれ違い - 2014.08.08 Fri

札幌市市電
( 新旧電車のすれ違い / 中央区南11西6交差点で )
 札幌市電の新型低床車両(愛称:ポラリス)はこの5月から3両になり、写真のように新旧車両のすれ違いのシーンもしばしば目にするようになりました。
 それはさておき、この新型車両の導入に合わせて軌道のループ化工事は、度重なる入札の不成立で来春の完成予定は大幅に延びて来秋になりそうだとか。この入札不調の原因は種々報道されているので、小生がごとき門外漢がああだこうだと記したところで埒が明く話でもありません。
 
 「物事はなるようにしかならない」とは承知しているものの、「来春は開通するから乗りに来て」と電車ファンのぽんゆう(朋友)を誘っている手前、来秋だと面目が立たないんだけどなぁ。

札幌駅前通ストリートガーデン - 2014.08.07 Thu

ストリートガーデン
( 札幌駅前通ストリートガーデン )
 札幌駅前から大通り公園への歩道に花が置かれて心を和ませてくれています。花のボックスには「札幌駅前通ストリートガーデン」との張り紙がありました。さらに、「札幌市環境局では、札幌国際芸術祭2014の連携事業として、札幌駅前通地区活性化委員会と合同で、フラワーハンギング・コンテナを設置しています!とあります。
 フラワーハンギング・コンテナとは何ぞやと調べてみると、花を吊るして飾っているのと植木鉢(箱)のことを指すらしいんです。加えて、手入れは「さっぽろタウンガーデナー」の方々が行っているそうです。

 別にこのようないい事業にいちゃもんを付ける訳ではないですが、何ともカタカナ語が好きですこと。私の感覚では「札幌駅前通り花飾り」にしたいなぁ、、、この方が洒落てません?

防犯パレード - 2014.08.06 Wed

防犯パレード
( 道警の防犯パレード / 札幌市すすきので )
 すすきのを歩いていたら、バトン・トワラーを先頭に勇壮な太鼓を響かせて行進するマーチングバンドに出くわしました。パレードの横断幕には「悪徳風俗店追放」などとあり、「クリーン薄野推進協議会・中央警察署・札幌市」という文字もあります。
 どうやら夏祭り賑わいに合わせてクリーンすすきのをPRしようと、地元商店街と道警の合同パレードということでしょう。
 
 そう言えば、今日はすすきのの角にたむろしている客引きは目につかなかったなぁ。(^_^)

久しぶりの雨で - 2014.08.05 Tue

北海道を覆う雨雲
( 帯広は野球続行中 / 気象庁のレーダーナウキャストから )
 札幌市街地にも、昨日夕方から降り出した雨は今日いっぱいは続きそうで、局地的には大雨も予報されています。土砂災害などの発生は困りますが、農家の方にとっては恵みの雨ではないでしょうか。
 
 閑話休題。
 つい今し方、外からスピーカーの声が聞こえてきました。「川(豊平川)に入っている人は増水で危険ですから、直ぐに岸に戻ってください」という(警察官からの?)呼びかけ。この呼びかけは3度で終わりましたから、その人は岸に戻ったのでしょう。
 それにしても、色々と官庁も大変だなぁ。つくづくそう思います。


クラウド - 2014.08.04 Mon

クラウド
( クラウド )
 札幌は手稲山に沈む夕日をとらえたもので、茜色に染まった雲がきれいでした。というだけのことですが、この雲に引っかけてIT用語の「クラウド」をばひとくさり。

 私のお世話になっているのがgoogleの「マイドライブ」というサービス。まるでローカルのハードディスクのように使用できるので、私はデスクトップとノートパソコンのやり取りに使っています。自宅にいるときはLANを構成すればいいのですが、ノートパソコンを外に持ち出すときは専らこのクラウド氏のお世話になっています。パソコン間のデータ移動をUSBやSDを介して行うのは案外と面倒なもの。それがクラウドだと「マイドライブ」にデータをドラッグすれば簡単に保存してくれます。そして、データ保存の確実性もカードなどより高いのではと信頼を寄せています。

 このようなサービスが無料で提供されるとは、年金生活者にはほんとうにありがたいですわ。Thanks!

注意喚起の立て看板 - 2014.08.03 Sun

鳥に餌を与えないでください
( 注意を喚起する立て札 / 札幌市創成川法面で )
 野鳥に餌を与えてはいけないことは十分に承知しています。これは、生態系の破壊、鳴き声や糞による公害問題、そして何よりも人が安易に与えているパンや菓子類には、野鳥にとって有害物質が含まれており成長を阻害する懸念も理解しています。

 このようなことは、立て看板によらなくても大人の常識とし誰もが知っていることでしょう。しかし、知りながら餌を与えている人が居て、それを見て見ないふりをする人間も少数ながら居ます。
 小生、少しは正義感もあってマナー違反にはたいていは口を出す方ですが、この野鳥に餌を与えている人を見かけても指弾するどころか「可愛いものですね」などとお追従さえ言う始末に、少々の後ろめたさは感じています。
 しかも日頃は憎きカラスにさえも、ぴょんぴょん寄ってくると餌のひとつ与えたくなりますから、小生の常識感覚なんて軟弱なものですわ。

赤ちゃんと犬のおかしな会話 - 2014.08.02 Sat

( 赤ちゃんと犬のおかしな会話 / yotubeから )
 「赤ちゃんと犬のおかしな会話」と題した動画です。犬好きにはたまらない楽しい映像ですね。
 私は亡くした犬への郷愁からか、いつもYouTubeを訪ねては犬や猫の動画を徘徊して気持ちを癒しています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

abe

Author:abe
生年:1940年(♂)
所在:札幌市
生計:年金

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ことのはじめに (2)
札幌シニアネット (6)
日々のあれこれ (123)
映画・動画 (55)
街かどスケッチ (444)
ジョーク・ユーモア (9)
日本語 (26)
IT諸々 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR